マウントデリシャスの日記です。


by mtdelicious
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2008年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

08'弾き納め

27日の青い部屋は、静かな魔界という感じで、Mtデリシャスのアコースティックライヴでおだやかに終わった。 
見にきてくれてありがとう。
ラストライヴ、良い感じで楽しめたかな?

これで今年も音楽活動はすべて終わり。
音楽という、この素晴らしいオモチャを与えてくれた宇宙と,今年1年楽しんでくれたみんなに感謝。

しばらくは冬休みだ。
わくわくする。
空っぽの森を散歩したい。
大掃除をするのも良いか。
薪割りもしないと。
積もった雪もとっくに解けたし,今年の最低気温はまだマイナス7度。
薪ストーブのわがままな火ともわかりあえるようになってきた。
冬は暖かい。


急に年末という実感がわいて来る。

終幕に向かって、どこまでも切迫した闇に向かって行くようでありつつ、ワクワクする不思議な感覚。
除夜の鐘が鳴る、神聖な時がやって来るからなのか?

地球が太陽の回りを一周するという宇宙の小さな変化の瞬間を、本能的が感じ取っているのか?

c0082573_2174296.jpg

強烈な光。
三国峠海側から。標高1500Mぐらい。
c0082573_2191249.jpg

強烈な光#2。
三国峠山側から。
c0082573_2262528.jpg

冬は午後3時には富士山の影にすっぽり入ってしまう山中湖。
遠くには南アルプスも見える。
c0082573_227750.jpg

湖畔から。
c0082573_2285248.jpg

西の空。
朝霧の黄昏。
[PR]
by mtdelicious | 2008-12-29 02:47 | shake

BPM90 at JIJI BABA

地元のクリスマスパーティーを兼ねていたので、他のプレイヤーの友人など,いろんな人達が集まっていた。
演奏開始前から演奏が始まっても、ずっと大声で話している女がいて,危うく怒鳴りそうになったが,すべてが台無しになってしまうので,その中でどれだけ音に集中出来るのかという方向に自分を向けてみた。

怒ると回りの雰囲気が硬直してしまうもあるけど、自分の怒りに火がつくと、それが自分を一番痛めつけるので一番恐ろしいのだ。  

繊細なアコギの演奏は半分にして途中から歌にしたので、それ以降は気にならなかった。

演奏も、見にきてくれた人達は楽しんでくれていたみたいだったし、意味のあるライヴだったとは思うけど、どちらにしろ自分のソロの音楽はパーティーに合っていない事がよくわかった。 

全く場の雰囲気には合っていないのだ。 

他の出演者は良い感じにパーティーを盛り上げていたのに,俺の音楽はパーティーをぶった切っていると思った。
みんな毎朝マントラを唱えているような人間とはあきらかに人種が違うのだろう。

今後は人の演奏に軽くジャムで参加するとか,もしくはバンドで大きな音を出していやがられる方が良いんじゃないかと思った。

今年はついにあと1本、明日の『青い部屋』で今年の弾き納め。
これで来年3月のレッドまでしばらくライヴはなし。
楽しむぞ。
c0082573_2325305.jpg

c0082573_23262157.jpg

c0082573_23272696.jpg

[PR]
by mtdelicious | 2008-12-26 23:32 | shake

Cozmic mate meeting♯9

基本的にはこの年になってもほとんど未来にしか興味が無く、過去を顧みずに音楽を作り,演奏しているのだが,このライヴだけは別なのだった。

レッドの曲を歌ってみたり,好きなドアーズやピンクフロイドなどカヴァーをのんきにやっている。

その楽しさは毎回増幅してきていて,リラックスして音楽をやるのも良いもんだと思う。

リラックス出来ないと感じ取れない物は確実にあり,そういう物を見つけて行くにも良い機会なのだった。

三国さんもとぼけて入るが,毎回会うたびに進化している。
クリエイティビティーとリラクゼーション共存していて都合がいい。

時間もいっさい気にしないでやっているので,トーラル3時間ぐらいかかってしまうけど,みんなも嬉しそうだし,こんなふうに音楽が出来る場所が出来て良かった。

超真剣にやっている1部の独演も、徐々にどういう所へもって行きたいのか、漠然とイメージしていた物が,明確になりつつある。

とにかく美しい夢を見て,嬉しく良い気持ちになって欲しいのだ。

そしてその嬉しさは,毛穴からにじみ出して,伝染して行くべきなのだ。
c0082573_1453194.jpg

この感じは誰かに似ていると思ったらスティーヴハウだ。
単にシングルカッタウェイだからか?

c0082573_1485558.jpg


c0082573_150111.jpg


c0082573_1512999.jpg

ミックwithYAMAHA Motif 最新モデル
c0082573_1524596.jpg


c0082573_1544524.jpg

すぐに無駄話をし始める人達
PHOTO by Kouichi Morishima
[PR]
by mtdelicious | 2008-12-25 01:58 | shake

冷たい月の夜。

440でやるコズミッキクメイトミーティングのため、久しぶりに三国さんと二人でリハーサル。
やはり三国さんとはコズミックメイトなのだった。
彼意外、誰とも共有出来ない部分が自分の中にはっきりあるのがわかる。

Lady BlueやSwingin'Dazeを作る前に、三国さんが現れたも必然的だったのだと思える。 この世界はよく出来ているなと思う。

一緒に何かやれば必ず何かが生まれる,クリエイティヴィティーとやすらぎの幸せな時間。

面白い事は幾らでも出てくるが、はたして覚えられるのか?
今回カヴァーはドアーズ,フロイド、ストーンズ。

フロイドは例の長い曲をアコースティックで。
他は三国さんの曲や,サイコの頃の曲も新たなアレンジでやる予定。
三国さんには気持ち良い事を全部やってもらうことにしたから。
いろんな世界が見えてくる万華鏡のような音のトリップをお楽しみに。
c0082573_2211258.jpg


c0082573_22141550.jpg

[PR]
by mtdelicious | 2008-12-17 22:26 | shake

初雪

朝起きたら別世界。
夜中の3時でも寒くなかったのに、
ちょっとビックリした。
今年はずいぶん早い。

気分もずいぶん変わる。
アコギ弾くには良いな。


c0082573_22165351.jpg


c0082573_22173664.jpg


c0082573_22184863.jpg


c0082573_22194124.jpg

[PR]
by mtdelicious | 2008-12-14 22:32 | shake
夏にゆかい君から連絡があった時には、来年3月にはMtデリシャスのレコーディングも終わって、のんびりしてる頃だろうと思い、気軽にOKしたのに、レコーディングは中断か,もしくはまだ始まりもしないかもしれない。
まったく読みが甘かった。

とにかくやる事になったので、どうせなら、目一杯楽しもうと思う。

今回は4カ所。
わりと集中してるし,準備とリハーサルも入れて,中断は約3週間ぐらいか。

どの曲やるかな。
久しぶりにキヨシとテッちゃんにも会えるな。


c0082573_21241551.jpg

シンガー&ギタリスト
   The Whoのライヴ後。
[PR]
by mtdelicious | 2008-12-11 21:29 | shake
2009.3.1(日)HEAVEN'S ROCK さいたま新都心VJ-3
open/start 17:30/18:00
前売¥6,300*スタンディング/入場整理番号付
チケットぴあ、ローソンチケット

2009.3.4(水)大阪なんばHatch
open/start 18:30/19:00
前売¥6,500*全席指定1F/2F
チケットぴあ、ローソンチケット、e+、CNプレイガイド

2009.3.5(木)名古屋ElectricLadyLand
open/start 18:30/19:00
前売¥6,000*スタンディング/入場整理番号付
チケットぴあ、ローソンチケット、ダイレクトセンター、tank the web

2009.3.8(日)東京SHIBUYA-AX
open/start 17:00/18:00
前売¥7,500(1F/2F指定席)¥6,500(1F立見/入場整理番号付)
チケットぴあ、ローソンチケット、e+

問合せ:(さいたま/東京)ディスクガレージ 03-5436-9600
    (大阪)キョードーチケットセンター 06-7732-8888
    (名古屋)E.L.L. 052-201-5004
[PR]
by mtdelicious | 2008-12-04 14:41 | Live情報
少し前に本格的な寒さになった後,わりと暖かい日が続いている。
夏のような大雨が降って霧が出たり、からっと晴れてもあまり寒くない。
年末やクリスマスで騒ぐにはにはまだ早く,何とも言えない、特徴のない、静かな毎日が過ぎて行く。

薪ストーブはだいぶこつがつかめてきて,良い感じで燃えている。
真冬になる前にちゃんと燃やせるようになって良かった。

12月はアコースティックライヴも多いので,ここの所はアコギ抱えて魔界の探検中。

先週ひさしぶりにやった、着ギターは珍しくカヴァーを2曲制作。

ストーンズの「Honky tonk wemen」とラヴェルの「亡き王女のパーヴァーヌ」。

ホンキートンクはちょいちょいと、作ってて楽しかったけど,ラヴェルの方は力作。
クラシックにしてはコード展開は無わかりやすい方だけど,それでも19世紀印象派のピアノ曲。ギターでやるには多少苦労したけど,スライド弾いたり、やったかいがあって面白い物が出来た。
一聴の価値あり。
c0082573_1131261.jpg

散歩中
c0082573_1174115.jpg

冬でも元気な熊笹。 ジャングルのように見える。
c0082573_165045.jpg

毛無山 
何ともない山に見えるが,麓も900メートルとかなので、2000メートルを超える。 いつか登ってみたい。
c0082573_1141251.jpg

見上げると空に顔が。
c0082573_1153464.jpg

霧発生。
c0082573_121231.jpg

実は雲。
標高1000メートルの魔界では雲が地面の上を流れて行く。
[PR]
by mtdelicious | 2008-12-01 01:33 | shake