マウントデリシャスの日記です。


by mtdelicious
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2008年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

今夜は大雨

うるさいぐらいの雨の夜もたまには良いもんだけど,こんな日がイヴェントじゃなくて良かった。 
フィールジアースのスタッフの方から、最後に書いた寄せ書きの写真が届いた。
みんな楽しんでくれたみたいだし,またやりたいな。
企画してくれてカントリーレイクシステムズにも感謝。

さて、息つく暇も無く今度はMtデリシャスの西日本ツアーとラママのワンマン。
色々楽しい事はあっても、ここが今年のメインイヴェント。

今年ずっと目指してきた、もっと高まったレベルでのインスピレーションに満ちたライヴが実現出来るかな?
天気も悪くなさそうだし、体調とバイブレーションを壊さないように、毎日楽しんで進化したい。

刈谷と,岡山はMtデリシャス初登場。 飯田は前から店長とやろうと言っていた3つの高校生バンドとのジョイントライヴ。
明日のリハでうまくまとまれば新曲も発表する予定。

c0082573_041505.jpg

『地球生まれて良かった。』
良いね,一人でも多くの人にそう感じて喜んで生きて欲しい。
この星こそが楽園だと思うよ。

c0082573_0423944.jpg

天に届く山。
今日の富士山。
[PR]
by mtdelicious | 2008-09-20 00:56 | shake

魔界祭り、終了。


今回フィールジアースに参加してくれたみんな,どうもありがとう。
とてもわくわくした2日間だった。

イヴェントの始まりに、ツアーのあちこちで出会う人達が河口湖畔に集結して,その中で一緒にカヌーの講習受けてたのがすごく不思議で、楽しかった。

そして、生まれて初の完全な生音ライヴ。 
バートが提案した、満月と,ろうそくに囲まれた夜の森の中でのライヴっていうアイデアは最高だったね。
彼とは昔から自然と音楽や美術が結びついた何かを一緒にやりたいと言う、暗黙の一致したビジョンがあるんだ。

とりあえずその一歩が無事に出来て良かった。
みんなをお気に入りの所へ連れて行けたし、これからももっと面白い事出来そうだね。

昔、オンリーワンナイトファッカーで盛り上がっていた人達が何年もたって、こんなふうに遊べるなんてGrateだよ。

BIg love
Thank you!!

c0082573_144674.jpg

カナディアンカヌー

c0082573_1445238.jpg

樹海ウォーカーズ
c0082573_14549100.jpg

洞窟へ,準備中
c0082573_1464090.jpg

守護神
たまにちらちら覗いていた。
c0082573_148097.jpg

別れの岸辺
昔の青春ドラマのような。
[PR]
by mtdelicious | 2008-09-17 01:51 | shake
へリテージも終わったので、今週はアコギばかり弾いている。 

この夏はずいぶん弾いていたけど、弾けば弾くほどあらたな物がやってきて、飽きる事が無いし、ギターをピックで弾くのと,指で弾くのとではまるで世界が違って、完璧に電流が流れると言う気がする。
アコースティックは気持ちが良い。

思えば富士山に来た頃からみんなを樹海に連れて行って、アコギのライヴをやりたいと思っていたのを思い出した。 
多少シチュエーションは違うけど,樹海も行くし,森の中でのライヴに満月まであって、想いは機が熟せば実現するんだと実感。

ここの所は暖かくずっと晴れていて、富士山もバッチリ。 
木漏れ日と富士山、見せられるかな。
c0082573_23451840.jpg

樹海
先週打ち合わせもかねて,イヴェントのスタッフと樹海を歩く。
自分的にはちょうどいい感じと思っていたコースが実は1時間半も歩く事が判明。
洞窟の方と合わせると、かなりの時間歩く事になるので,コースを一部変更。
c0082573_23521514.jpg

気を許すと、家の中も外もすぐにクモの巣だらけになる。
しかし、ここの所はからっと晴れて、俺の頭もあまりに平和で,クモの巣もじっと見ていると意外ときれいな楽しい物に見えてくる。
c0082573_2353842.jpg

通りすがる奴
完璧に合理的な動きで、しかもわりと速い。
c0082573_23541112.jpg

のんきなセッション
2部は克己にも参加してもらうので、家に呼んで音合わせ。
ディープな魔界に入るため,ダイナミクス,間合いに関しての方向性とアレンジを決める。
しかし、やるたびにかなり形が変わる。
c0082573_23553790.jpg

のんきな世界
c0082573_23561519.jpg

雲もいろいろ
[PR]
by mtdelicious | 2008-09-12 01:02 | shake
c0082573_2122577.jpg

Mr.Bassman!
c0082573_21225867.jpg

とても楽しげなツーショット。
c0082573_2124420.jpg

まあまあ楽しげなツーショット。
c0082573_21244220.jpg

ホームタウン河口湖でのゾンビ―ズ。
[PR]
by mtdelicious | 2008-09-09 21:32 | shake

ヘリテージ

UNIでも何度か撮ってくれた森島君から送られてきた写真。
素晴らしくきれいに撮れてる。
Thank you!


c0082573_2238186.jpg

去年の炎のライヴでも共演した、岩崎君が自分でペイントしたAG。
今回のポスターにもなっている。
ポスターではブランドがHeritageになっていたが,実はMoris!
c0082573_22384618.jpg

きれい好きの克己は車もシンバルもピカピカ。
c0082573_2239246.jpg

レイナ。
最近はいつに無くやせている。メシ喰ってるのか?
c0082573_2240436.jpg

ギタリスト。
今年は2日目に入ってもいい天気だったので、無駄な音の反響をなくすためにわざわざ本番前にシアターの屋根を空けもらったら,やはり降ってきた。
西武球場は2年連続,レッドの復活の野音も2日続けて土砂降り。
先月も野外は2本とも中止だし。 
まさか? 俺が悪いのか?
[PR]
by mtdelicious | 2008-09-08 23:15 | shake

23年目の再会

少し前になるけど,9月から放送されるというアニメのサントラのレコーディングをした。 レベッカ時代のバンド仲間、土橋からの誘いがあったからだった。

レベッカ時代の終わりには、事務所やレコード会社も含めて様々な問題が一度に勃発して、ぐちゃぐちゃになって以来、レベッカのメンバーとも80年代はいっさい交流することはなかった。

その後は、レコーディングしたり,結婚したり、他のメンバーとは和解できる機会があったけど,彼とはそういうチャンスが訪れなかった。 

その後たしか6〜7年前にレベッカ時代の俺が作曲した未発表音源を発表したいという事で,一度土橋から電話があり,そのときは2〜3分必要な事だけ話して切った。 
たったそれだけなのに、気付いたらずっと胸の中にあった、わだかまりみたいな物は消えていて不思議だった。


今回彼のプロデュースする仕事で、ギターがたくさん入った強力なアルバムにしたいということで、ギタリストの一人として呼んでくれたのだった。

その日は俺も楽しみだった。 
会った瞬間から23年の空白は消えていて、ごく自然にレベッカの時のレコーディングの良い瞬間のように、とても楽しい時間を過ごした。

あの頃は、ロックのこだわりとビジネス,エゴその他が渦になっていて、みんな重くバッドなエネルギーの中でもがいていた。

しかし今振り返るとはっきりとあそこに関わっていたみんなにとってビッグバンが起こっていたのがわかる。 それぞれが自分の本質と向き合い始めた時期と言える。

色々大変だったけど,それぞれみんな自分を生かしてやりたい事が出来たわけだし,今はとても必要な良い事が起こったんだと思える。

とにかくこんなに時間が経って、また一緒に笑えるというのは予想外に素晴らしい事だった。 
Thanks!
c0082573_1374075.jpg

Rec中
c0082573_138374.jpg

23年ぶり!
[PR]
by mtdelicious | 2008-09-01 01:50 | shake