マウントデリシャスの日記です。


by mtdelicious
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2008年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

寒い。

夜になって15度。
今日は1日ずっと霧の中だった。 

ススキに栗、富士山の短い夏は終わってしまったのか?

祝400メートルリレー銅メダル!

c0082573_0523050.jpg

栗。
うれしくもさみしい。
c0082573_053839.jpg

光のカーテン。
ミケランジェロの天井画のような雲。
c0082573_0535142.jpg

テラスの軒下に出来たアシナガバチの巣。
蜂はただ一生懸命生きているだけだし、しばらくは共存していたけど,何も起こってほしくなので,やはりスプレーで退治。 罪悪感。
c0082573_0543490.jpg

黒い雲
克己の所は大雨。
c0082573_056898.jpg

ヨードの空。
日暮れ前に突如現れたツートンカラーの狂った空。
[PR]
by mtdelicious | 2008-08-23 01:35 | shake

魔夏の2DAYS

残念ながら17日のアコースティックライヴは、カミナリになると言う予報のため中止になってしまったけど,Mtデリシャスの2DAYSは楽しかった。 

やってみるといつもAdmというライヴハウスは何か違うと感じる。 働いているバイトもみんなミュージシャンで出演もするし、大学のサークルのようで仲もよく、仕事ではなく本当に音楽を楽しんでいるのがわかる。 そのバイブレーションが会場に充満していて、いつもやけに楽しいライヴになる。 
ここの元店長は俺の1学年下で、同じ川口出身のミュージシャン。10代の頃からのバンド仲間で、この日もあがたさんのバンドでベースを弾いていた。 

AdmはMtデリシャスとして今年初のフルメンバーでのライヴ。 ワッシーのコンガと三国さんのキーボードを聴きながらの演奏は新鮮で楽しかった。
翌日の横浜はステージも広く音にも余裕があって、短い時間だったけど,良い演奏だったと思う。 ”青の群”は今まででBESTの出来だったかと思う。


c0082573_22594545.jpg

美しい朝。
都内は暑くなるだろうと思いつつも、ライヴの日に晴れているのはいい気分。
c0082573_2341542.jpg

本番直前の仲良し6人組。
c0082573_2351381.jpg

危ない2人、ミック&ワッシー。

c0082573_2373219.jpg

あがたさんと共演者の優子ちゃん。
この日のあがたさんはバンド形態での出演。”赤色エレジー”は聴けなかったけど,その雰囲気は漂わせていた。 俺の一回り上で、来年還暦。 見た目も中身も若かった。
[PR]
by mtdelicious | 2008-08-18 23:21 | shake

5周年。

富士山に移住してから5年がたった。 
人生で30回近く引っ越しをし,一カ所に3年以上住んだ事が無かったというのに。 

人生で初めて自分の場所だと思える場所。 
ああゆる意味での自由があり、富士山に来て以来、音楽その他いろんな事が良くなっている。 

問題としては冬の寒さ,梅雨の湿気、カビ、夏の虫、最近だとガソリンの値上がりといったところ。 どれも木に囲まれて暮らすうれしさの前には問題にならない。

将来的にどこかへ行く可能性があるとしたら,暖かい伊豆か、日照時間の長い八ヶ岳か。
どちらにしても自然に囲まれていたいな。

c0082573_23294828.jpg

惑星大爆発のような河口湖の花火大会。 
夏は富士五湖で毎日順番に花火大会があり,花火は毎年進化している。
c0082573_23322030.jpg

ナイス!
c0082573_23324764.jpg

富士山
夏は雲に隠れて姿を見せない事が多いが,俺も含めてここに移り住んだ人は初めて来た時にバッチリ晴れた富士山に圧倒されている。
招かれたのか?だまされたのか?
c0082573_23334737.jpg

山羊
今日も高い所がお気に入り
c0082573_23344194.jpg

鯉のぼり
c0082573_23473676.jpg

春の樹海。
一歩はいればそこは聖なる世界。
樹海には守られていると感じる。
[PR]
by mtdelicious | 2008-08-12 00:21 | shake

Vacation

しばらく青君をほったらかしにしていたので,南伊豆に行った。
2日間下田のビーチでポチャポチャしたあと,伊豆半島の南の果て、石廊崎へ行く。

ここまで来ると,植物は亜熱帯のようだし、尖った岩がたくさん海から突き出ていて、とても魔的な世界だった。  下田のビーチではまったくなかった種類の興奮がやってくる。
遊覧船に乗って海から石廊崎の岸壁を見た。 いっさい文明化されてない人里離れたヒリゾ海岸という所の海水はもの凄い色をしていて、いつかキャンプしたり、じっくり海の中をのぞいてみたいと思った。


石廊崎へは今回初めてだと思っていたけど,行ってみると実は20歳の頃にバンド仲間と一度行った記憶が蘇ってきた。

その時、崖の上から誰が一番根性のある写真を撮れるかと言って、順番に柵を乗り越え、片手片足でのけぞったり、すれすれの危険なポーズで撮ったのを思い出した。 その頃日常的にやっていた危ない遊びのひとつで、一人ぐらい落ちてもおかしくない感じだった。 恐怖心もなかったし、いつも枠を壊したくて何かしらやっていた。 今そういう奴らを見るとむっとするような、迷惑な馬鹿者ども。 
素晴らしき無意味な時代。万歳!

c0082573_2374749.jpg

胸騒ぎ
c0082573_23103882.jpg

岩に閉じ込められてしまった奴ら
c0082573_23112656.jpg

ヒリゾ海岸
c0082573_23142322.jpg

静かな海
c0082573_2315587.jpg

帰り道に立ち寄った河津七滝のうちのひとつ、釜滝。
旧天城トンネルからこの辺りまでは伊豆の踊り子の舞台になっていて、とても情緒がある。 短い距離の間に7つの滝があり、歩いているととても楽しい。
[PR]
by mtdelicious | 2008-08-03 00:06 | shake