マウントデリシャスの日記です。


by mtdelicious
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

フジロック初参加。

とてもドリーミーで平和な空間だった。

外タレも日本人も入り乱れて出演するステージが5つあり、自由に行き来出来る。
その他、キッズランドや大型スクリーンで映画をやっていたり,森で寝ている人,川で遊んでいる人など。 世界中の食べ物が食べられる屋台も数えきれないほどある。何万人もの人たちがキャンプして,一般社会といっさい触れる事無く、ただひたすら音楽と自然と戯れて3日間過ごすのだった。

昔よく出ていたようなフェスティヴァルとは空気が違い,外国にいるときのような自由な気分。 何を見るかというよりも、その中にいるという事が 何よりも素晴らしい。イヴェントは10年も続いていて、日本もこうなったかという思うとうれしかった。

俺たちはジプシーアヴァロン出演者用のサイトで前日からキャンプ。 夜は5万人の観衆をながめながらアンダーワールドを見たりして、楽しい夜を過ごしたのは良かったけど,ライヴ当日は前日の歩き過ぎによる疲れと,逃げ場の無い暑さにまいって,しばらくアヴァロンの客席にある木陰でぐったりする。 なんとか準備をする気力が出たところで今度は土砂降り。 誰も何のジョークも出ない。 演奏する精神状態とは、はるかにかけ離れた所にいてちょっとヤバかったけど、本番前にはみんな徐々にビシッとしてきてさすがプロという感じだった。

ジャムセッションによる公開サウンドチェックが終わる頃には、ものすごく異様な、どろっとしたオレンジ色の空が出現。 空飛ぶ円盤でも降りてきそうだった。

ライヴは夜の森で、いつもと違う楽しさがあり、いい気分でプレイ出来た。

終演後は良いライヴが出来たのと,責任が無くなった開放感でみんな相当にハイな気分だった。 人ごみの中を歩いているだけで異常に楽しい。 みんなで喰って飲んで、プライマルスクリームで盛り上がる。 最後は知り合いがPAをやっているレッドマーキーで深夜までダンス大会。 満喫。

c0082573_222929.jpg

グリーンステージ。2日目のメイン,アンダーワールドの時、克己と酔っぱらって一番後ろの傾斜の上から満員のオーディエンスをながめる。いい気分だった。
c0082573_2230318.jpg

あらゆる場所にある屋台。 ところ天国のマンモス丼はGRATE!
c0082573_22333496.jpg

移動中
c0082573_22342245.jpg

昼間のジプシーアバロン。まったりと良い感じ。
c0082573_2235624.jpg

布教中
c0082573_22355162.jpg

帰り道で,前日深夜にレッドマーキーで最後に見たフレンチグラムロックバンド"FANCY"と遭遇。かなりイカレてて面白かった。
こっちも出演者だとわかると、マイスペースでフレンドリクエストしようという事になる。
[PR]
by mtdelicious | 2008-07-29 22:58 | shake

北陸のゾンビ

20年ぶりの北陸はフェーン現象で凄まじい暑さだった。

金沢では元ARBの白浜さんと田中一朗さんの"一久”とのジョイントライヴ。

前乗りして,新聞とラジオの取材,ロックな居酒屋で北陸の海の幸をごちそうになる。店の主人はかなりビョーキな人で,小さな店の中はマニアックなロックのDVDや、ダリのオブジェなどが占領していた。 次から次へと楽しい映像が出てきて最後まで残った克己と二人でかなり盛り上がる。 

続いてライヴを主催してくれたロックバー”ジェラスガイ”で飲んでいると、高岡でのライヴを終えた白浜さんと丹菊君登場。
4、5年サイコデリシャスのメンバーとして一緒にやってくれた2人と久しぶりに飲むのは、同窓会のような気分で相当うれしかった。
丹菊君にはコンガで翌日のライヴに飛び入りしてもらう約束をする。

ライヴは金沢も富山も快調で、お客さんと共に俺たちもかなり楽しんで、北陸熱風ツアーは無事終了。

富士山に帰り,樹海に入ると霧の中。
空気もひんやり。 ほっとした。

c0082573_21555122.jpg

金沢の町にロケット発見
c0082573_21583659.jpg

5〜6人で満員になる小さな飲み屋がいっぱいある横町
ロック好きは”うまいぞや哲”に行くべし
c0082573_2211569.jpg

サイコデリシャスAgain
c0082573_2232261.jpg

日本海を見て喜ぶガネーシャ
c0082573_2265820.jpg

気温39度にも関わらず海水に浸かってハイになる人たち
兼六園はパスして日本海でランチタイム。
[PR]
by mtdelicious | 2008-07-24 22:14 | shake
10月まで間隔をあけて緩やかに続く今年のツアーが始まった。
初日、石巻、2日目仙台。
出だしならではの荒っぽさもあり,まずまずのできだったと思う。
今回はヘヴィーでブルージーな局面がけっこうあるので、よりパワーアップした感じがする。

地元の人たちと交流したり,遠く北海道や新潟からも見にきてくれてうれしかった。
なかなか北海道や九州には行けないので、時々、たまりかねて見にきてくれる人がいる。 行けなくて悪いなと思いつつも、うれしそうな顔を見ると、これも良かったのかなと思う。 長旅がその人たちの中に良い思い出として残る事を願いつつ感謝。

次は北陸2デイズ。
金沢ではサイコデリシャスで3年間一緒にやっていた白浜さんと,丹菊君とタイバン。
田中一朗さんも出るし,なかなか楽しい夜になりそう。
富山は俺の記憶では20年以上行ってない気がする。
昔とは違う気持ちよさを感じてくれたらうれしいけど。 
魔界へのトリップをお楽しみに。

c0082573_22311721.jpg

説教台〜エニグマスタジオ
牧師は休憩中
c0082573_22321410.jpg

Groove Master&smoker とっちー
c0082573_22331216.jpg

石ノ森章太郎 漫画館
石巻ラストラーダのすぐ前にある
c0082573_22334494.jpg

仮面ライダー
c0082573_22342386.jpg

ガネーシャ
守り神、そしてツアーコンダクター
[PR]
by mtdelicious | 2008-07-17 22:49 | shake

渋谷〜午前3時の魔界

7月7日、2pm,1週間ぶりのUNIのライヴのため甲府に住んでいるオショ―と河口湖で待ち合わせをして出発する。/4pm,UNIの事務所に着いて,地下にあるスタジオで軽いリハーサルと新曲のJam。/9pm,この日のライヴ会場であるクラブエイジアに到着。/10pm,リハーサル終了し食事に出る。/11pm,友人に遭遇し,一緒に食事した後エイジアに戻る。まだ踊っている人も少ない。/12pm,テキーラを飲みつつギターの弦を張り替え、3時からの本番にそなえ楽屋でくつろぐ。徐々に人が増え始める。/1am,いつの間にかずいぶん混んできている。月曜の夜という事で美容師が多いらしい。/2am,眠気覚ましをかねて車に忘れ物を取りに行く。戻って、ぎゅうぎゅうのバーでカンパリビールを注文。/2:30pm,着替。テンションのスイッチを入れる。いつものエイジアよりずいぶん映像がきれいに映っているのに気づく。VJ用の機材が持ち込まれているとの事。/2:50pm,ステージに上がりチューニング。フロアは満員で相当上がっている。今日は良いライヴになるだろうと思う。/2:59pm,前のDJが終わり次第切れ目なく始まるのでステージの端で待機。/3pmステージ反対側にいたオショ―がマッチョのところへ歩いてきて俺を呼び、誰かが催涙ガスをまいたという。たしかに鼻とのどに痛みを感じる。客席を見ると信じられない事に満員だったフロアがいつのまにか20人ぐらいになっている。やがてDJの音が止まり無音。全員外に出され、外は人であふれ女の子が二人倒れ介抱されている。俺の痛みはすぐに収まったので、彼女たちもたぶん大事には至ってないと思う。救急車とパトカーが次々と到着し、パーティーは中止。噂では客の一人が唐辛子スプレーをまいたというが,誰も見ていない。サリンやテロではなくで助かった。月曜の深夜にも関わらず見にきてくれた人たち、悪かったね。約1名以外はすべて被害者だからどうしようもない。お金を払って入った人は連絡ください。 次の機会には何倍も楽しもう。いろんなことが起こるけど、きっと何か意味があるんだろう。とにかく無事で良かった。

c0082573_21365819.jpg

サウンドチェック
c0082573_2136651.jpg

ステージに続く階段
c0082573_21374485.jpg

直前!
c0082573_2135828.jpg

ガスマスク!
c0082573_21381273.jpg

が〜ら〜ん
c0082573_2138594.jpg

起こったり泣いたりしてもどうにもならないので、しょうがなく笑い飛ばすしかない人達
[PR]
by mtdelicious | 2008-07-10 21:58 | shake

追加です!

「フィール!ジ アース ライブ Vol.1」の追加事項です。

<メールでお申し込みの場合>
お名前、ご住所、電話番号、人数(性別)、宿泊希望、交通手段、送迎希望を明記してください。
また、タイトルはカタカナで「フィールジアース予約」とお願いします。

よろしくお願い致します。
[PR]
by mtdelicious | 2008-07-09 23:28 | スタッフより
カントリーレイクシステムズ10周年記念
ギタリストの木暮(Shake)武彦 共同企画
「フィール!ジ アース ライブ Vol.1」

富士山の麓。大自然の森の中で暮らして6年をむかえるShake。富士山でのライフスタイルを通じて得たインスピレーションから、ジャンルにとらわれない独自の音楽活動を展開。そんなShakeのサウンドが生まれるキッカケとなった大自然のスポットをShakeと一緒に訪れ、アウトドア体験を通じて共に感じ、『中秋の名月』の夜に森の中で、キャンドルの光と月明かりにつつまれたフルムーンナイトLIVEに酔いしれる。

◆日   程1泊2日 2008年9月14日(日)~15日(月・祝)
◆会   場ウィルダネス・パーク・ロッジ
    山梨県南都留郡富士河口湖町大石2954-1
    TEL0555-20-4052 FAX0555-20-4053
◆実施内容
9/14(日)12:30集合厳守
①Shakeと一緒に雄大な富士山を眺めながらカナディアンカヌー体験。
②フルムーンナイトLiveで灯す廃油を原料としたエコキャンドルづくり。
③「フィール! ジ アース ライブ Vol.1」
1部:エレクトリックアコースティックギターLIVE(屋内ステージ)
出演:Shake
2部:トークライブ「富士山の自然に暮らす魅力」(野外ステージ)
出演:Shake×田村孝次(アウトドアスペシャリスト)
3部:フルムーンナイトアコースティックLIVE(野外ステージ)
出演 Shake、ゲスト柏原克己(Per)        

9/15(月・祝) 
①青木ヶ原樹海ウォーク&巨大洞窟内探検
②本栖湖周遊
③Shakeと記念写真&サイン会
13:00終了予定

◆定員   先行予約20名 

◆予約・問い合わせ
カントリーレイクシステムズ内「10周年イベント係り 担当:小林、石田」
TEL0555-20-4052 FAX0555-20-4053 E-mail:info@c-ls.jp

◆料  金   2日間参加費用  24,000円 + 宿泊代
※参加費用には、夕食1・朝食1・昼食1、お団子&1ドリンク、温泉入浴料金、Shakeからのスペシャルなお土産を含みます。 

◆宿泊料金 
①ウィルダネス・パーク・ロッジ 相部屋タイプ(1名様)  4,200円
 個室タイプ(室料)   21,000円
※相部屋タイプは、大人5名様でのご利用になります。
※個室タイプは、最大6名様までご利用が可能です。
②キャンプサイト使用料(テント1張り)          4,200円
※18才以上を対象
※テント等のレンタルあり(料金別途)。張り方指導あり(無料)。
[キャンプ道具レンタル]
・テント(大人4名様用のみ)  3,150円
・電池式ランタン(1テント分)   210円
・テント用マット(1名様分)   210円
・シュラフ(1名様分)   525円


◆その他 
駐車場あり(無料)
電車・バスをご利用のお客様には、河口湖駅まで送迎あり(予約制)
[PR]
by mtdelicious | 2008-07-08 22:23 | Live情報
現在メルマガサイトのメンテナンスに伴い、発行できませんので、取り急ぎblogにてご連絡。
またe-magazinesでの発行が今月いっぱいで終了します。今後のメルマガについては、追ってご連絡致しますので、blog及びBBSの方をまめにチェックして下さい。
よろしくお願い致します。

ツアータイトル未定
7/13 石巻Lastrada
7/14 仙台LIVEHOUSE enn
7/20 金沢QueensCourt
7/21 富山サマーナイト
7/27 FujiRockFestival'08(苗場スキー場)

8/15 池袋ADM
8/16 横浜SUNPHONIX HALL in YOKOHAMA ARENA
8/30 沼津WAVE

9/7  ヘリテージミュージックフェスティバル(河口湖ステラシアター)

9/21 刈谷サンダンス
9/22 名古屋ell FIT'S ALL
9/23 岡山ペパパーランド
9/24 広島スマトラタイガー
9/26 大阪SOMA
9/27 四日市ガリバー
9/28 飯田CANVAS

10/4 渋谷ラママ(ワンマン)

各ライブの詳細は追ってご連絡します。
う、大変だ。。。
[PR]
by mtdelicious | 2008-07-07 22:57 | Live情報

幻想の世界

この時期は霧になる率が高い。 太平洋からやってくる雲が富士山にぶつかってひっかかったままになるからだ。 標高1000メートルを超える魔界では雲は霧と呼ばれるのだった。 なので日本中が晴れているのに家は雲の中という事がよくあるし、たまに天気予報が曇りでも雲が下に見えて晴れている事もある。 おかげで毎日森と霧のマイナスイオンを浴びっぱなしで寿命が延びそうだ。 ほとんどの人は湿気をいやがるけど,気温が30度を超えない限り、湿った空気は気持ちがいいと感じる。 ただ気付くといろんな物にカビが生えている。 まあべつに気にしないけど。
c0082573_1505730.jpg

死後の世界へ。
c0082573_1521750.jpg

寺山修司の映像を連想する。
c0082573_1575695.jpg

c0082573_1593028.jpg

c0082573_214043.jpg

謎の館
[PR]
by mtdelicious | 2008-07-05 02:04 | shake