マウントデリシャスの日記です。


by mtdelicious
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2008年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ザビエル祭り

予想通りザビエルの影も形もなく,おしゃれな横浜の夜という感じだった。 会場の高い天井にはシャンデリアや,ステージにまで大きな観葉植物が置かれて、大きなVIPラウンジや海際にテラスがあったり、いつもとちょっと違う気分での演奏だった。
 
しかし、自分の演奏が終わった後には、いつも会場のどこかにも1カ所ぐらい音から逃げられる場所があれば良いのにと思う。 この日のイヴェントは大音響の4つ打ちビートが次の日の昼まで切れめなく続くという事で、俺は明け方前に退散。

c0082573_2220228.jpg

横浜Bay saide 1
c0082573_22223186.jpg

Bay side 2
c0082573_2223288.jpg

どこかの国から来たDJ
c0082573_2224772.jpg

トリカブト
玄関のすぐ前にも生えている
c0082573_22244965.jpg

子供の頃はよく食べた蛇イチゴ
[PR]
by mtdelicious | 2008-06-30 22:33 | shake
普通に歩けば40分ぐらいで登りきるけど、4歳児と一緒でも1時間ぐらいで、ひなびた食堂兼展望台に到着。 彼にとっては人生初の山登り。 ジュースにつられて不平を言わず登りきる。 さらにそこから尾根をしばらく歩いて三湖台まで歩く。 三湖台とは西湖を見下ろす山の上にあって3つの湖が見えるという広場。本栖湖は見えたけど,精進湖は見えなかった。 しかし、わずかな時間で登ったとは思えない見晴らしの良さで、はるか下に広大な樹海が見える。 ここからしばらく歩くと富士五湖が全部見えるという五湖台,さらに尾根づたいに歩いて西湖が一周出来るらしいけど、見たところかなり急なところもあってけっこうきびしそうだった。 

c0082573_2313718.jpg

登り道。
東海遊歩道もかねている。
c0082573_2331535.jpg

樹海の地平線?水平線?
c0082573_239104.jpg

西湖
手前の岸は1200年前の噴火によって流れ出た溶岩の上に出来た樹海。わずか数十メートル先にある反対側の岸は何百万年も前からあったと言われる鬼ヶ岳。
c0082573_235310.jpg

白い馬。
山から下りてすごのところにある牧場にいる。
c0082573_23223594.jpg

忍者の親子。
[PR]
by mtdelicious | 2008-06-19 23:32 | shake

何げない1日。

軽い朝飯を食ってから約1時間の散歩。 今日1日、自分の中にいろんな物が入り込めるように,何か濁った物があればそれをすべてはきだして,新しい1日のためにまっさらな空気を吸い込む。 朝の光,森の匂い,鳥の声、何気ない事が無意識に頭を通り過ぎて行き、そのうち徐々に音楽と結びついてくる。 新しい音楽になるかもしれないヴィジョンと軽い興奮。
最後に軽いストレッチとヨガ,光と闇の力を統合するマントラを唱えて準備完了。
スタジオに入れば魔界の旅の始まり。 喜びやポジティヴなヴィジョン,いたずらな考え、反抗心、欲望,邪悪な虫も一緒くたに、ときめきとなって音楽の中に入ればすべてビューティフルなエンターテイメントとなり、自分は浄化される。今月は時間に余裕があるし、あくせくする必要もない。 あとは青君と遊んで、風呂入って、酒飲んで。バッドなニュースさえ見なければ完璧だ。 
c0082573_1103459.jpg

朝。梅雨の中休み
c0082573_116268.jpg

散歩道
c0082573_1214851.jpg

道ばたに咲いている花。 
よく知っているけど名前がわからない
c0082573_1243957.jpg

タンポポの種。
風が吹くと雪のように舞って、驚くほど遠くまで飛んでいく。 繁栄のための素晴らしいシステム。
c0082573_1273595.jpg

黄昏。 
静かな時間
[PR]
by mtdelicious | 2008-06-13 01:39 | shake
大橋と裕太郎が遊びにくる。

ギタリスト3人集まって,ギターはほとんど弾かずに楽しく遊んで飲んだくれる。
洞窟に入り,樹海の中の東海遊歩道を初めて歩く。途中から国道に近づきすぎて車の音が聞こえるのがいまいちだけど,最小限の整備がされていてとても美しい。


田植えをする。

すべての行程には参加出来ない時も多いけど、既に5年連続で自分で作ったお米を食べている。
富士山周辺の自由人,ミュージシャン,カメラマン,女学生、子供、映像編集者、酪農家,剣道家など田んぼにそぐわない人々が多数集まって泥にまみれて苗を植える。
裸足で入り,ひざや腕まで泥だらけになるという普段の生活では考えられない衝撃の体験。 カエルを追いかけてよくドブに落っこちた子供の頃を思い出す。 青君も泥の中を走り回って大喜び。


Mtデリシャスの曲作り。

とりあえず形を整える前に、出来る限り天の声を呼び込むため、今までのジャムセッションの中からこれはと思う物を4人で聴いたあと,おおざっぱな構成だけを決めてマルチレコーディングする。 様々な魔界の力を取り込んだ無軌道な数テイクと,最後に形を整えた何でもないテイクを6曲分録る。 しかし1曲魔法のようなテイクを間違って消してしまう。 何故かいつも最良の音楽は形に残らない。 今月は曲作りのために空けてあるのでこれをもとに作曲に取りかかる予定。克己は数日前に車の運転中に気を失いノーブレーキで反対車線のカンバンに突っ込むが,奇跡的に無傷。一昨年の俺同様悪魔に守られているのか。 この日はトッチーが時速5キロでおかまを掘る。


サイクリング

青君に自転車を買ってあげたわりに、家の周りは坂ばかりなので、田貫湖にサイクリング&ピクニックに行く。 田貫湖には一周4キロのサイクリングコースがあり,レンタルもある。 ママチャリのような自転車をレンタルして,補助輪をつけた青君に付き合って一周。 自分も補助輪をつけて,初めておふくろさんと一緒に自転車に乗ったときを思い出して,楽しくなるが,やはり思いっきりこぎたくて我慢出来なくなり,2週目は青君をぶっちぎって全力で走る。 体中の細胞が何10年かぶりに、この運動を強烈に喜んでハイになる。 家に帰り、体がバラバラになった感じでとても気持ちいい脱力感と共に,2時間ソファーでぐったり。 もうろうとした意識の中で、マウンテンバイクを買う事に決める。

c0082573_0415176.jpg

実はゴルフが好きなこの2人。
俺もレンタルして付き合う。 他に誰もいないのでのんびり。
c0082573_0445920.jpg

樹海の中の富士風穴
中は夏でも凍っている
c0082573_047362.jpg

風穴の出口
この日は普通の靴なので,30メートルぐらいまで入る。
c0082573_0533148.jpg

東海遊歩道
精進湖民宿村から鳴沢氷穴までは約1時間半
c0082573_0583534.jpg

 魔界
約1200年前の噴火によて出来た青木ヶ原樹海は溶岩に覆われ、土がないので根っこがむき出しになっている。
[PR]
by mtdelicious | 2008-06-08 01:19 | shake