マウントデリシャスの日記です。


by mtdelicious
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2007年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ひげ 新記録

c0082573_044266.jpg

もともとひげは薄い方で、あまり頻繁にそらないほうだったけど、富士山に来てからは月に2回ぐらいそるという感じになっていた。 毎回剃ってから1週間ぐらい過ぎると口の回りが汚れてきたように見えて、そろそろ剃ろうかと思っているうちに、2〜3日たちやや濃くなったひげを見ると、もしかすると似合うんじゃないかといつも思い始めるのだった。
頑張ってのばすうちに毎日どんどん気になり始め、1日中さわりっぱなしで気持ち悪くなって2週間ぐらいで剃るというのを毎回くり返していた。 今まで一番のばしたときでも1月ぐらいだったのに、今回はどういうわけかこの夏中伸ばしてみようと言う気になり、もうすでに2ヶ月が過ぎて2センチぐらいになってきた。 ダリのように時計の針みたいにしてみたいと思うときもある。 思ったよりは似合っている気がしているが、やはり毎日剃りたい気持ちになる。 いつまでもつかな?

アルバムの予約たくさんありがとう。 自分たちにもみんなにも元気になってもらおうと思って作ったよ。 ヴードゥーなグルーヴを楽しんでね。

DOORSワンマンの優先用の特典にちょっと変わったCDRを作るよ。
ジャケットは採用されるかも知れなかった別バージョン、中身はアルバム収録曲の超初期バージョンで、違う曲どうしがくっついていたり、フリーなジャムのあとで、いきなり奇跡的に完成バージョンに近い物が出てきたり、他にもいろいろ録ってあるからどれにしようか考え中。 エニグマスタジオで日夜、何が行われていたかが、わかるような内容になるよ。 テンポが遅かったり、演奏もたどたどしかったりするけどいろんな物が初めて出てくる瞬間が聴けて面白いと思うよ。 お楽しみに。
[PR]
by mtdelicious | 2007-07-28 00:48 | shake

前スレと連続いたしまして。


もともと、自分は石に興味がない。

好きな人からでももらわない限り、どーでもいい。

セネガルのマルシェ、至る所で売られていたもの。
食べ物以外は。

ビンビン(ビースで出来た腰につけるアクセサリー)
木のなんか彫り物
マラカイト
色んな貴金属     
派手な色彩の服とサンダル
変な布製かばん

とか?

このマラカイト、というのは、石の名前です。
自分は石に無興味なので、このマラカイトも、
素通りしていた。

マラカイトの色んな置物だとか、
一番多いのは玉を数珠のようにつないだネックレス、
小皿や小さな箱とか、本当にマラカイト製品が、
至る所で売られている。

これは、緑色の、うねった模様の石なんですが、
透明度もない深ミドリのうねり模様の石なんて、
本当に無興味もいいところだったんですよ。

ところが、

ふと。あるとき、気がついたんですよ。

この石を見てると、気分が、なんていうか、
よくなっていく????という事に( ;

特に、高級なマラカイトほどいい。
模様がばっちり出ていて、きっちりと細工された
やつほど、いい感じがしてくる(汗
でもそういうのはやっぱり高い。

自分はそれにだんだんと気が付きはじめて、
マルシェに行くとマラカイトを無意識的に
見ている自分に気が着いてしまった。

マラカイトが欲しい。

女の子へのお土産は、全てマラカイト製品にした。
腕輪、ピアス、小箱、小皿。小さければ値段も押さえられる。
その分上質なものを選ぶようにした。

自分自身に買うものは、絶対これだと!思った
マラカイトを購入しようと思い、かなり探した。
しかし結局、そういうもので手ごろな値段の製品は
見つからず。1つだけ今も心に残ってるやつがあったが、
それはべらぼうに高くて、買うか迷える選択権もないほどの
値段だった。


最近、アフリカから帰って以来の体調の不具合がやってきて、
そうすると、昨日。急に思い出したように、あの石が心に浮かんできて、
これは本当に不思議です。マジで。

あの石が見たい。という一心になるんですよ。

で夜中に、いくつか手元に残したマラカイトを引っ張り出して、
部屋においてみた。
それでも、あのあきらめた石の事が、本当に悔やまれる。
その石を手に取ったときの、これがほしい、という吸い込まれるような
魅力を、まざまざと思い出すんですよ。

いや―――――――――。


石のパワーって、もしかして、本当にあるんじゃないのかね?( ;)

そういえば、そのアフリカでマラカイトを見てるときに
思ったんですが、前に、親戚の人に持ち歩けと水晶を
もらった事があったんですが、自分は持ってみたものの、
その水晶を見るたびに嫌気がさした。
それは、非科学に対する嫌気かと思っていたが、
実は、水晶のパワーと相性が合わなかったんではないか!?

謎はふかまる。
[PR]
by mtdelicious | 2007-07-22 05:10 | ラブリーレイナ


この体調のお陰様によって、あまり外出ならず。
これを利用してブログ用にいくつか書いています。

音楽通信のvol4がまとまりかけているんですが、
もうちょっと字数を減らさないとダメだこりゃ。

しかし、ふと昔のを読み返していて、あ。これ書こう。
と今思ったそれは。

「アフリカンマーケット」

何を買ったかですよ。おくさん。
前に質問を受けましたw

セネガルの代表的マーケットは、首都ダカールの中心地に2つある。
1つは海に近いマルシェ・ケルメル。もう1つは、サンダガ・マーケット。

カメラをマーケットで持ち歩くのは非常に危険なので、
マーケットの写真が一枚もない・・・・。セネガルを知る大きな
1つの要素であるだけに、帰ってきた今も寂しい思いがします。

写真で上げられないのでちょっと説明すると、
このマーケットというのは、雑居ビルや露店みたいなのがごった返した一地区
を指します。この地区は、街一つ分もある巨大マーケットです。
大きな道は碁盤の目のようになっていて、さらに細い通路や路地が通じている。下記URLで写真がちょっと見れます。
http://mondo.ciao.jp/tripsenegal/marche.html 


さて。
日本人は、当然吹っかけられる。
が、現地語を話すと、セネガル人は急に喜びだす
習性があり、大分安くなる。
1月もすると、物の相場ってモンが分かってきて、
先にこっちから「これを幾らで。」といえるようになってくる。

それは、サンダルがこわれて、サンダガへ買いに行った時に起こった。
自分はとある店の、銀色のサンダルがどうしても欲しかった。
ところが、珍しく商売の堅い相手は、どうしても値を下げない。
それは信じられない額を言ってきて、相手はこっちがどうしてもそれを
欲しがっているのを読んでいた。

「8000」
「あり得ない!」
「・・・・まあね、6500」
「ダメダメ」
「5500。これ以上はない。」
よくゆうよ・・・・と自分は思った。
「じゃあ、他当たるわ。」
と自分はタンカ切ってみた。
セネガル人はこれに弱く、他に行く、というと十中八九待った!分かった、
それでいい、と言ってくるのはもう学習済みだ。
しかし、相手は違った。
「じゃいいよ、よそ行けば?」
むむう~・・・・。
「5500で買う分けないしゃんか!!!!」
この辺りで、セネガルではまず滅多にいない日本人と、このあんちゃんとの
押し問答は大分目立ち始め、回りには、人が集まり始めていた。

というか、最近ここらでイエローがよく来てる、という感じで、
顔見知りも多くなってきていたし、広いサンダガの中にあっても、
何か買おうとすると、ああ、あんたか、という反応も見られるようになっていた。
それほどに、セネガルでは日本人はいないのだ。

自分は、とっさに歌を歌ってみた。

セネガル人にとって、歌と踊りは最高の娯楽で特別なものだ。
この国では、歌と踊り=セックスの象徴といって過言でない。
そして、娯楽的要素の全てが「歌と踊り」だけに集約されている。
だから、ちょっと歌ったり踊ったりするだけで、いきなり大騒ぎ
になったり、急に周りが顔色を変えて飛んだり跳ねたりし出だした
事がなんどもあって、自分は驚いていた。そしてその顔つきは、
一様に、恥ずかしさや興味や楽しさで凛々とした気に満ち溢れるのだ。
少し歌っただけで、いきなりはにかんで逃げてしまう女性もいる。

歌と踊りに対するこの過剰反応の元となる感覚。
私はそれを数ヶ月では掴みきれなかった事を、とても残念に思っている。
いや、日本人の自分には、結局もう分からないことなのかもしれない。

セネガルではつまり、
歌と踊りが、プロを例外としては、芸能としては機能していない。
セネガル特有の踊りのスタイルはあるが、それは単に「スタイルがある」
という事にとどまっている。

バレエやその他様々な舞踊が、形の美や、形式を発展させ、
本来の意味を失って1つの芸能や芸術として成り立ってきた今日、
セネガルでは、今だ歌と踊りが芸能としての意味を持たないのだ。

それは本能による極めて性的な、娯楽としてのあり方だ。
私らにしてみると、ダンサーが足を上げたりするのは当たり前ではないか。
そこにもはや性的なものなど感じないではないか。
しかし、セネガル人はまだそれを恥ずかしく思ったり、
顔を赤らめたり、キャーキャー言う。
原始的な舞踊の姿が、セックスシンボルとしての舞踊の形が、ここには残っている。


余談だが、しかしその分というか、また別にして、プロは物凄かった。
燃える本能を確実なモチベーションに、形式を完全化したプロのセネガルの
ダンサーは、正直、今まで見たダンサーの中でも、ダントツに衝撃的だった。
ユッスンドゥール(アフリカ出身で一番ワイルドワイドに有名になったバンド。
日本にも何回も来日している。)の第二の顔でもあるアサンチャンの率いる
バンドのリハーサルを特別に見せてもらいに行ったのだが、ここのダンサーは
もう、踊ったときのオーラが、ダンサーの稼動域をはるかに越えてた。

おっと、舞踊の話になってしまった。
さて。
それで、自分は、歌を歌ってみた。
クンバガオロセック(セネガルの美空ひばり)の曲だ。

すると。

うわあああああ~~~~!!!!

と物凄い騒ぎが巻き起こった。
「セネガル人なの?」「違う、日本人だよ。」「どうしてこれが歌えるの?」
「もう1回もう1回!」「ちがうやつも歌ってみて!!」「一緒にうたいたい。」(なぜ)
こういう声が一声に渦のように巻き起こり、人の山は先が見えないほどに膨れていた。

断れる状況でない自分がもう一度歌いだすと、この一山はウソのように
集中して聞いた。人をかき分けようとする手も、その位置でピタリと止まって歌を聴いた。

「もう1回もう1回!!!!」

3度目になると、一緒にうたいだすものが沢山出てきた。
そして、ついに、サンダル屋のあんちゃんは言った。
「2500でいい。持ってきな!かなわねえよ。ヤウ、サイサイ!(悪い奴だな!)」

という事で、目出度く2500cfaで購入。(円にすると500円)
自分はほくほくとして家に帰った。

ところがですよ、おくさん。

数日後にサンダガマーケットに行ったらですよ、
知れ渡ってるんですよ。;
そして、数メートルおきに、「あっ!!あんたでしょ!歌って歌って!」
と言われる。および、そう言いつつついて来る。
驚いた事に、これはサンダガ一帯にだった。渋谷原宿一帯程は容易にある
広さの中で、至るところで「ウェイマ!ウェイマ!(歌って歌って)」
という掛け声がかかった。
参った自分は、しばらくサンダガに行くのを自重したが、
これは日本へ帰る時まで大分長く続き、最後に日本へ土産を買うために
サンダガを訪れた時にまで、歌ってくれたら負けるよ、
と相手が自ら提案してきて、もうやんないよ(笑)と言った。

それが、ダギトスマラマヤテージャラル、という思いでの一曲です。

他にマルシェで何を買ったか、というのは、本当に
覚えてない・・・。
マニキュアを買った。不思議と服は全然買わなかった。
なぜ・・・いつもマルシェで、何してたんだろ(^^;)
貴金属も、私は強烈なアレルギーがあるので見るだけTT
あっ!!!!石!!石を買いました。

次回。不思議な石の話・・・・
[PR]
by mtdelicious | 2007-07-22 05:03 | ラブリーレイナ


ラママご来場の皆様、有難うございました。
楽しんで頂けましたか?^^

今度のアルバム、面白いですよ~。

イヤ・・・なんか、自分的にとりあえず面白い;

とある曲とか、パートごとに全部違う発声でやっていて、多重人格
みたいになってるやつとかあるんですよ。(汗

とり終わって一曲フルに通して聴いてみて、


    「これ、ヤバくない?」

 
みたいなね。

    「いや、俺に責任は無いよ。まあ、こうしてと言った部分にその責任の
     一端はあるとしても、基本的に君自身がやった事だよ。
     いいじゃないか!(爆)」  (シャケ)

え~、・・・・マスタリングがまだでなんとも言えないですが、
多分、個人的には、前回より好きなアルバムになりそう。かな??

今頃木暮さんはマスタリングの佳境に入ってるかと思います。
木暮さんは神の手をお持ちですから。

これは。冗談ではなくて。
物凄いんですよ、時に、とった時と全然違う曲に聞こえるようになってて、
驚かされた事が何度あったか。
 恐るべし神の手。


さて。
ところでこの最近の

ブログ・ストッピング現象。

申し訳ないと思っております~mm


なんか体調不良だったり;
スマソ


体調がすぐれないと言えば、
随分前に、ん~5年前くらいかなあ。
体調を著しく崩した事があった。

ツア-各地の何か美味しいもの、という話が出てますね^^


そこで今日は食の話。


それで、その体調を悪くした時、
「これ食べると元気になるな。」というモノがあるのを
発見しました。
自分は宇田川町に当時勤めていて、近くに
宇田川町界隈ではちょっと名が知れたパスタ屋(※)があった。

そこの、「甘いミートソース」というのが、
非常に美味しかった。
なんか、これを食べると、体調が回復するんですよ。
そしてまた、体調が悪いときってのは、
「これが食べたい!」と思うものを食べると、
良くなってきますねw体は足りないモノをちゃんと
分かっているんですね。
(※渋谷区宇田川町、ホームズパスタ)

自分はそれまで食に全くの無興味だったんですが、
それからというもの、急に食に興味が湧き、別に美食家ではないけど、
なるべく食べたいと思うものを確実に食べようとするようになりました。

このパスタ屋には、今でも年に何回も訪れます。

さて。

山梨にレコーディングで先日まで行っていたんですが、
山梨県の「吉田のうどん」。

これもまた、ホントに、これなんなのってくらい美味しいんですよ!

なんか誰かマラソンランナーが走り終わったインタビューで、
「今、一番何が食べたいですか?」
と聞かれて、
「吉田のうどんです。」
と答えたそうで、一躍これが世に広まったそうですが、(シャケ談)
なんと吉田界隈には、コンビニにまで「吉田のうどん」
という限定のうどんが置かれているくらいです。

これはね、普通のうどんとは全く違うんですよ。
麺がゴムみたく固いのめちゃくちゃ。
そして、シャキシャキのキャベツが必ずトッピングされてる。
初めて食べたときは、「なんだこりゃ・・・・」
でも二度目には、「美味しいかも・・?」
そして3回目には、「やっぱ、これだね、これ。」
ですよ。

私は疲れるとすぐうどんが食べたくなる習性があったんですが、
吉田のうどんを食べるようになってから、
もうこっちではでうどんを全くたべなくなってしまいました。

私が、

うどんうどん よしだのうどん
 
 よしだのうどん ねえうどん

  あのうどんがたべたい  うどんやにはいついく

というように毎度やかましく言うので、シャケが、
「・・・・じゃあ、明後日のリハ前ならつれてってあげますよ・・。」
という風に取り計らってくれ、
今回の山梨出張中にも、吉田のうどんを目出度く食べる事が
出来た訳です。

まあ、山梨に着くと車でシャケが拾ってくれ、
スタジオまで連行してくれるんですが、最近では、
会うとすぐにシャケのほうから「うどん食べる?」と聞いてくれる
ようになってきていますね(笑)
よほどウザいのかもしれません。

そして。

いました。。割とマジなグルメが。
パソコンのせんせいですよ。


彼は何でもいい時は何でもいいようですが、
美味い物を食べると決めた時には確実に美味いモノを
食べるスタンスになるので、そういう時に同行していると得をします。
家には料理本がずらりとある。

せんせいにまつわるグルメ話は、仰天するような非常におもろい
エピソードが多い。けど二千字を軽く超えてくるから今は割愛。


今回山梨に着いた日に、たけしに借りたいものが
あったのでメールしたら、
「いいけど、じゃあ信玄餅買ってきて。」
と言う。(常としてタダでは親切にはしてもらえない。)


 (゜。゜)なにそれ。


えっ!知らないのかよ!山梨と言えばだろーが。
といわれて、いつも土産とか買ってるよゆうないんですが、
珍しくシャケに頼んでお土産やに寄って貰い、
信玄餅なるものを購入したのでした。

シャケに、
「名産だし色々あって、安めのやつおいてある店とかもあるよ。どうする?」
と言われたんですが、
「イエ・・・グルメな友達への土産なので・・・。」
と言ったら、
「じゃあ、信玄餅の専門店あるから、そこだな。」
と連れてってくれました。

レイナ心の一句
しんげんもち しょうみきげんが みじかいよ


さて、これを書いたところで、なんとなく食べる気にならなくて
放置してあった信玄餅を、「食べてみようか。」とさっきあけてみた。


ふはははは


と思わず笑ってしまいましたよ。

流石。世に知れ渡ってるモンは美味しいわ。


さあっ!!
どうしようもない時ってのは、
美味いもんでも食って元気だすしかないっすねマジで。

さあ、
明日も元気出していきまっしょー!^o^
[PR]
by mtdelicious | 2007-07-13 03:46 | ラブリーレイナ
遅くなりましたが、ラママのライブいらして下さった方々、どうもありがとうございました。楽しんで頂けましたか???

内輪でいうのもなんですが、よかったですよね。ね。
私は100点出してしまいましたよ。
この日はリハから、音も良く期待してました。当日リハのみで合わせる三国さんとワッシー。さすがです。

この日私が特によいと感じたのは「SPE'EDO」と「SEA GULL FLY」。「SEA GULL FLY」のレイナはすばらしかったですね。良かったよ!

私はスタッフの中で、あめとムチでいったらムチ担当。普段きつい事や細かい事を言ってばかり。ちなみにあめ担当はその2です。やさしいです。
いつもなら揚げ足取るかのように細かい事が気になったり。。。でもこの日は、ステージに釘付けになり、仕事を忘れて楽しんでしまいました。

ライブ終了後、シャケさんに「どうだった?」と聞かれ
「満点。100点満点。すっごく良かった」
と答えると
「めずらしいな〜」
と。たまにはいい事いうのですよ。というより、本当にこの日はすばらしかった。

夏が苦手なその1は、暑さの中、また段ボールの山の中で仕事するのかと思うとうんざりしていたのですが、一気に吹き飛びました。
頑張ってCD売るぞ===。
といってもまだ出来上がってないんですが。。。毎回毎回綱渡り。
でも8/8の下北沢CLUB251から販売開始しますよ〜。お楽しみに!

さ、次はみなさんの感想です。コメント下さいね。
[PR]
by mtdelicious | 2007-07-10 22:34 | Live裏話