マウントデリシャスの日記です。


by mtdelicious
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2007年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

最近バタバタしておりました。
なかなか書けなくて済みませんm(_ _)m

まずは、リクエストにお応えして
画集内容、その2


c0082573_1848381.jpg

「主君たち」1965年 油彩 カンバス 100×85cm

 

c0082573_18553134.jpg

「デメーテルの誕生日」 1961年 グワッシュ 43×61cm



c0082573_18572526.jpg

「自転車」 1958年 油彩 カンバス 70×90cm



c0082573_18591345.jpg

「ミヒャエル・エンデの肖像」(部分) 1951年 油彩 カンバス 120×90cm


エンデの若い頃、へええ~成る程~って感じですよね。^^

上げてみて思ったけど、あんまり明るくないか... ;
[PR]
by mtdelicious | 2007-05-25 19:03 | ラブリーレイナ
秋のツアーブッキング中のその1です。
あなたの街にもMt.デリシャスがやってくる、かも。頑張ります。

さてさてちょっと前にはなりますが、レコーグィングの写真をアップします。

その1
遅ればせながらHappy Birthday shake
c0082573_21124725.jpg


その2
真剣な克巳
c0082573_21135543.jpg


その3
くつろぐラブリ
c0082573_21143167.jpg


その4
初登場!優秀な助手・GAKUちゃん
c0082573_21153152.jpg


また載せますね。
「機材が知りたい!」とか「こんな写真が観たい!」などありましたコメント下さい。できる限り、載せたいと思います!

さ、ブッキング、ブッキング。。。

その1より
[PR]
by mtdelicious | 2007-05-10 21:17 | ラブリーレイナ
画集が来た!

おかんの携帯を借りて撮ったので、色、画質ともにガタ落ちですが、
う~ん、しょうがない。スマm(_ _)m
縦長の絵はそんなに変わらんと思うけど、横長の絵はクリックすると
結構拡大します。



c0082573_22141535.jpg




これが一番好きな絵。
c0082573_2214559.jpg

真昼どき,1946年 油彩 カンバス 90×70cm


これはミヒャエルエンデの「鏡の中の鏡」という本の表紙に使われた絵
c0082573_22175752.jpg

窓の十字架,1953年 油彩 カンバス 90×70cm


こういうのもある。
c0082573_22195930.jpg

椅子,1951年 油彩 カンバス 70×90cm

c0082573_22282937.jpg

亀に乗った婦人,1933年 油彩 カンバス 90×70cm


これ笑った。
c0082573_22241142.jpg

長い髪,1957年 油彩 粗布地 72.2×99.5cm


これブルッた。
c0082573_22262245.jpg

ラザロは待っている,1960年 油彩 カンバス 89×120cm


もうちょい明るい絵もあって、それも載せようか迷ったが、
なんかこの人暗い絵のほうが迫力ある気がする。
もっとみたいみたい、という人は気軽に言ってね。


てゆーか、明日から山梨でレコーディングじゃないですか。
さ。パッキングしなきゃ!!
では!
[PR]
by mtdelicious | 2007-05-09 22:42 | ラブリーレイナ
最近。

マイブログ化してませんかこれ・・・(汗


「シャケさんやらも何か御願いしますよ~、」
と脳内で一瞬突っ込んでみるものの、
よく考えると、今シャケ克巳コンビがやってる作業は膨大で、
気が遠くなるようなレコーディング作業です。
PCに向かってるヒマは、しばらくは、きっと無いでしょう。
しばらくはラブリーネタばっかで我慢して頂くことになってしまうかも。
みんなゴメンネ。その分いいアルバムを期待してね!

レコーディングの時って言うのは、シャケはいつもとちょっと違う。

歌入れのマイクの前に自分が立つと、こちらの気を完全に読んで来る。
急に「ハイ、30秒休んで」
などと言って来るので、
「なんで?」と聞くと、
「今疲れた顔してたから。」
というような事を言ってきて、自分は驚く。
こっちは緊張してアガった状態になってるから、
自分が疲れてるとかあんまり分からない。

また、いつものように暖房の前に、でくの棒の様に横たわっていると、
「ほら寝ないで。」

べつに寝てないもん、ちょっと目をつむっただけ、
と言いつつ、アレ・・・・なんで今寝かかってた事分かったのかな・・・。
と自分は思う。しかも、別にこっちを見てるわけじゃない。
こっちに背を向けて作業してる状態でなぜ分かった。
「今日は寝ちゃダメ。声が変わるだろ?」
あ。そっか。

以上のように、自分はいつの間にやら完全に管理されてる形になって、
安心してレコーディングを行っている。

朝、自分は猛烈に寝起きが悪い。
シャケがスタジオに来る30分前にようやく起きたりする。
これはほんっとうにどうしようもなく、今までの人生も、
相当この習性に悩まされてきた。

要するに、起きて30分後じゃ、声なんか出ないわけだ。
25歳過ぎたボーカリストの声が完全に起きるのは、
最低でもおきてから4時間はみとかなきゃいけない。

つまり、本当はシャケが来る4時間前には、起きて、
ウォームアップ(発声とか)を済ませて置く。これがベスト。

これが自分は、なっかなか出来ないm(_ _)m
これによって、人生半分違ってると思う。
でもシャケは怒らない。
ただ、もうちょっと早くおきなよ?と軽く言う。

なぜか。
第一に、多分、これから歌入れの人の、精神状態を見越してる。
キツク言うと、歌入れの精神状態に差し障る事を、多分計算済みなのだ。
ううー我慢してるな。。。と思う。
でも、ここでキツク言わないのは、そういう事に加えて、
シャケの何か優しさと叡智も含まれてる事も、肌身にヒリヒリと伝わってくる。

自分は参ったな・・と思う。「うん。」と言って、
とにかく早く起きなきゃ!と思う。

このように、思考回路も完全に上手くコントロールされる形になって、
レコーディングは着々と進んでいくのでした。

シャケ凄し。
自分もっとしっかりしろ。


閑話休題



余談ですが、SG1という電池について、
先日のライブのとき、ローディーの原さんが言ってきた。
「あのさ、SGの電池について、書いてたでしょう?」
ギターの弦をチューニングしながら、原さんは続ける。

「あれは、日本には売ってないよ。限られたヨーロッパやアジアの一部でしか
売ってない特殊規格なんだよ。別のメーカーので似たやつがあるから、
それを代用できるけど、わずかに厚さが違うから、電極を軽く押し上げたりして
微調節が必要だけどね。」
原さんは、後でその代用電池の型番を紙に書いて渡してくれた。
プロフェッサー原。カーコイ~!!

きいたかーたけし~!!


閑話休題


3日くらい前、部屋にどっさりと置かれた本の山を横目でみていた。
これは、妹が自分の部屋から勝手に本を持っていき、そして
読み終わったら本棚へ戻さず、自分の部屋にただ積み上げて置いて行った物なのだ。
自分は、くさくさとした気持ちでその背表紙を見ていたが、
中の一冊をひょいとつまみあげた。

「三つの鏡」ミヒャエルエンデとの対話
(ミヒャエルエンデ:はてしない物語、モモなどの原作者)
これはエンデと井上ひさしとの対談の本だが、
久々に読んだら、面白い事が色々書いてあった。
だが、内容はともかく、自分は、久々にこの本の中に含まれている、
エンデの父、エトガーエンデの絵を見た。

中学生のとき、この本の内容は意味不明だったが、この絵には
非常に興味を持ったから、絵だけは覚えていた。
他の絵に、こんなに興味をそそられた事が、いままであったか。
結局、人生の中で、多分この絵が一番印象深い。
                   
それに気がつくと、古本オンライン書店を検索。
ありました。エトガーエンデ画集。4500円。
調べたら、日本で発売されているエトガーの画集は、
88年に発売された、一冊のみ。中古を買うしかない。

早速今ドイツにいる妹に打診。
高いな~どうしようかな~。

Re:
普通だったら2万以上するよ。買いだな。

Re:
え~でもお~・・・。

Re:
買うのだ。買って良くなかったらアマゾンで
5万の値をつけて売るのだ!6万2千円で売ってる人いたぞ!

で、発注。

多分明後日にはつくと思う。ああ~楽しみだ。
著作権の事があると思うので、転用は無理ですが、
内容気に入ったらヤフオクの画像みたく上から撮ったやつをうpしましょうw


では。
今晩はこの辺で。
[PR]
by mtdelicious | 2007-05-08 00:39 | ラブリーレイナ
えーと。
さて。


前スレのカウンターが、予想外に好反響で嬉しいです。
気が向いたらいつか番外編を書きますw

とりあえず、レコーディングが半分(?)くらい終了。
ここには、おもろい話はなーんもないっす。
わりとマジだから(笑

しかしまあ、そろそろ何かうpしないとな~・・・
とか気になってみたり。。。そこで


以前、普段何聞いているんですか?
という質問がありました。

ムムム・・・・それは色々ですよ。おくさん。

考えたんだけど、まあ、シリーズで書いていきます。
というのも、色々あるし、1回のスレだと厳しいので。

自分が感慨を受けた色んなCDを紹介してみようと思いますが、
ラインナップとしては、アニメからヘビメタ、ジャズまで雑多に色々だけど、
なにこれ!?って感じで驚かないよーに。

いってみよー。


「ラブリ音楽通信 vol.1」

#00
RED WARRIORS
ボックスセット
「Lesson 20 RED WARRIORS 20th Anniversary Box」
P&C この間

c0082573_22305684.jpg




(´∀`)
いや、いやね、見たんですよ実は!この中のDVD。
・・・ホント普通にカッコよかったですm(_ _)m

まじで、恐れ入りました。。。

一旦CMでーす

序章でしたw


#01
clione-index
「one thing leads to another」
P&C2006

インディーズのバンドのCDで欲しいと思ったのは、過去この1枚だけです。
ツアーの時、対バンでお世話になった関西のバンドさんです。
http://homepage.mac.com/poo_/clione/index.html
こちらに飛んでみると、試聴もできます。

このみきしんぐは一体!?と思って聞いてみると(そのツアーの時)、
どこか学校の教室だか何かのひろーい反響するところで
レコーディングを行った、という事で、ちょっと今時のデジタルな音とは
全然違う広がりを感じる事ができます。
ギターの鳴らし方も実に凝っていて、あり得んようなセットアップをされています。(ライブ後根掘り葉掘り聞いた。)

美しい真っ直ぐなテーマ。
増幅していく空間。

是非聞いて欲しい一枚です。


#02
管野よう子
「song to fly」
P&C1998 

こればかり聞いている。まあ、ここ数年、管野よう子ばかり聞いています。
が、このアルバムに関しては好き嫌いが分かれると思う。
1,2と7曲目以降がオススメ。

http://www.jameswong.com/ykproject/disc/disc.php?cd=songtofly
上記URL試聴可。


#03
Karl Denson's tinny universe
「the BRIDGE」
P&C2002

カールデンソンつうのは、クラブジャズの人で、歌や管楽器をやる人です。
初めて聞いたとき、しびれたね。
昔ジャズの専門店で働いていた事があって、
店内にフリージャズばっかりかかった後これが流れると
本当に心が休まりましたよ^^;
2曲目のBecause of her beauty がオススメ。
http://www.jukeboxalive.com/album.php?album=252731
何と、上記URLでは一曲丸ごと試聴できます。

この2曲目のイントロがたまんなくいい!ので頭から聞ける
やつをがんばってググッてみますた。
ジャズ寄りの曲からファンク寄りの曲、フリーっぽい曲、
と幅広い選曲で、カールデンソンの中ではこのアルバムが
一番いいと思う。
デートにもドライブにもお部屋にも合う一枚です。


では。今日はこの辺で。



今日はたまたま聞けるやつが揃いましたが、毎回そうは
いかないと思いますので、悪しからず。

    ではまた~!!
[PR]
by mtdelicious | 2007-05-01 23:08 | ラブリーレイナ