マウントデリシャスの日記です。


by mtdelicious
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2007年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧


シリーズでお伝えしてまいります、この企画。
もういいだろう、と思いつつも
多少ネタが浮上してきたので・・・
シリーズ完結編。  (たぶん



今日、たけし様に久々に会うと、今日が誕生日だったらしい。
まあおめでとう。てか早く言え。

たけしは前スレを読んだらしく、

私を横目で見ると、
「十分魔界だよ・・・、つーか、妖怪?」
と言ってフフン、と鼻で笑った。
D


さて、ひと月程前、たけし家を訪問した。
「たけしが家の家財をごっそり入れ替えている!」
との情報が流出したため
たけしの身の回りの者はこぞってやつに詰め掛けた。
行くっきゃないっしょ!

たけしは、いいものを持っている。
そう。たけしは
大金持ちなのだ。


やつは恵比寿の、自分のマンションにすんでいる。


「いらっしゃい。」と扉が開いた瞬間
やっぱりな・・と思ったが、

生活感のかけらもない。
まず物がなすぎる。

部屋は白を基調にしたワンフロアで、
調度品はまるでインテリアの一環のようにオブジェ化。
大きなデスクには、最新型のPC周辺機器がぞろりと揃っている。
さすがぱそこんの先生、・・・・違うか・・プロデザイナー。


「なによ・・・この部屋は。なんかくれ。」

自分は身震いしつつも、まず言ってみた。
「遅かったな。もう何もないよ。」
「なんかあるでしょ。」
と自分は食い下がってみる。
「ないって。」

確かにないわ・・・・・・・・。
自分はフロアを見渡して黙った。
ムダは一切ないこの部屋には・・・。

余計な物がないのですることも無く、
自分はこの部屋で唯一ムダかと見受けられる小ぶりの
サッカーボールを見出すと、それを部屋中けりまわしながら
なんかくれを連発した。
結果。
たけしは、とうとう

「じゃあ、これをあげる。ハイ。」

と、小さな銀色のデジタル時計を2個、自分に手渡した。
同じのが2こ。

なにこれ。

「服の両そでにつけるらしいよ。」
「使わな・・・・、あ。使う。」

自分はこういうミクロな時計に大きな用途があったのを思い出して、
「じゃ・・・これもらう。」
としぶしぶ言った。

そして帰りがけ、
これだけか~、なんだよー、もっとくれよ~、
とぐずりまくる自分に、
ハイハイ、もう二度と来んなよ、とたけしはにこやかに手を振ると、
ああ、また俺書かれそう・・・。と笑いつつもボソリとつぶやいた。

この瞬間、自分はもう一話書こうと思った。


こう、もっと大きな、いかにも何かいいものもらった!という感じ
を期待してた自分は、小さな物をもらってむくれた。
しかし、たけし家にある物が予想以上に高価な物ばかりだったので
その時は気付かなかったんだと思うが、
実際家に帰ってきてみると、十分いいものもらった、という事に気がついて、
自分はルンルンとしていた。


ところがですよ。おくさん。


この時計、もらった時点で一個が止まっていました。
分解すると、中には、SG1という型の豆電池が積んであったわけですよ。
しかしこの電池が!どこ行っても売ってない!!
殆どの電池が揃う量販店に行っても、

電気屋店員:「あ~、これは珍しいですね。
          今置いてるのはSG3までですね~。」

  ワロタ。



たけしに言ったら、
「お宅の近辺の田舎の電気屋だからだろ。」
妹に言ったら、
「てかたけしが標準的装備持ってるわけないじゃん。」


くそ~
甘かった!!


やっぱりたけしは感じが悪い・・・のか否か。w


[PR]
by mtdelicious | 2007-04-23 03:45 | ラブリーレイナ

いもうとが


いきなり今朝部屋にきた。



|   
|゜)   「おねいちゃんおねいちゃん。」
|)
|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



ア゙~・・・・??

外がまだ暗い事ぐらい感じで分かる。

  なに~・・・・・・


|
|Д゜)  おきて
|⊂)
| /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 だからなに・・・・・?

|
|∀`)  「ちょっと用事なの。でんきつけていい?」
|⊂)
| /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 マジなんすか~・・・?
 
 
 
|
|Д゜)  「バントエードはって欲しい。」
|⊂)
| /                
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


 自分で貼れや!! 

  え・・・・、なんで、ちょっと、何なの自分ではりなよ・・。
   と言うと、私は突然のまぶしい蛍光灯に目をうっすら開けて時計を見た。
   てか、4時エーエムっすよ・・・・今。

|
|д`)  「おねえちゃんじゃないとできないの。」
|⊂)
| /              
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ええ~何、何でよ・・・。


  「ママじゃできないの。カッターで深く手をきった。」

 自分はバッと頭が起きた。
  「だから、いつもみたいに貼って・・・。」(妹)
 
 ・・・・何、ちょっと・・・・、みしてみ・・・。
 自分はゆっくり起き上がった。

差し出した手をみたら、親指が、ぱっくり切れている。
拭いても拭いても血が出る。

姉) ・・・なんでいつもこうなの?3回目だよ?
妹) わかんない。絵の額を削ってたら・・・。

自分は布団の中で半起きの状態で、
コンタクト入れてないほぼ目クラ状態で「はさみ。」と言うと、
もうろうとバンドエイドの粘着部分をチョキチョキ切った。


▲  こういう感じで、ちょうど砂時計みたいに、
   左の2個の三角の、真中の尖ったところ同士が微妙~につな
   がってる形に切る。

これを2個作る。

そして、空いた傷を留めるように貼る。
つまり

  ▼   ▼
─+──+─   ←この横線が傷
  ▲   ▲    
          
     こうなる。

この上に、ガーゼ部分の上下の粘着部を取り除いたバンドエイドを張る。(ムレないように)

「はい。できた。」
というと、妹は、
「痛くない。」
と言うと、飄々と出て行った。

そして今日も、
「痛くないよ。バンドエイド貼りなおしてよ。」
と言って来た。

皆さんもやってみてください。
パックリ系に切ってしまったとき。

傷口速乾速癒着バンドエイド加工法。

  
  注!: 重症だと思ったら、これを試していないでお医者さんに駆け込もう! 
[PR]
by mtdelicious | 2007-04-16 20:47 | ラブリーレイナ

ラッシュ    shake

昨日は茂の初めての結婚パーティーだった。 がらの悪いパンク系のミュージシャン達と、富士山の友人達が入り交じっていて大変面白かった。 はかまにモヒカンというのは初めて見たけど、わりと自然だったよ。
c0082573_1593034.jpg


明日はヘリテージで活躍している、DJ兼お寺のボウズ、正道君の結婚パーティーなのだった。
おめでたすぎて、レコーディングが進まないぞ。
[PR]
by mtdelicious | 2007-04-14 02:04 | shake

東京百景

色々と、皆本当に色んな事がありながら生きてるもんだ、
と最近痛感する事が多いです。

自分も昔、東京のド真中で働いていた。

渋谷の巨大スクリーンを、疲れてにじんだ頭で見上げて。
灰色のビルの谷間を切り取るような群青の夜空に、
小さく浮かぶ月を、気が遠くなる思いで仰ぎ見た帰り道。

あるときは西へ東へと駆け回り、
あるときはやりきれない思いでとぼとぼと桜満開の九段の坂を下り、

でも、
「君がいるから、頑張れる。」
そう思わしてくれた沢山の人がいて、


心から世話になった人、

自分を助けてくれた人、

それに、黙って、未熟な新米を見守っていてくれた人。

自分は、そういった全ての人を覚えていたい。
真夜中でも煌煌とついた明りの中、
社会にもまれて懸命に生きる人の苦しみや喜びも、
見た事ずっと胸に忘れないでいたいと思う。


魔界からやってくる音楽って、何なのか、
自分にはまだよくわかんないけど、
この混沌とした今の世を下界と呼ぶとするならば、
自分は下界に住む全ての人にエールを送りたくて、
音楽をやっている。
人は下界で懸命に生きてるから、そして私の音楽も、
下界からやってきたもので、人間の中で守られて生きてきたから。

シャケが魔界からアプローチするなら、
私は下界からアプローチする。
通過点は違っても、目指すところは似てると思う。

自分は今、魔界の影響も強く受けて、色んな事を教わった。
世界が溶け合っていくのを感じる。

2つの世界の灯火がリンクしたら、
それは変わって星のように、
誰かを照らすことができたらいいな。

いつか、そういう音楽ができて、
誰かがハッピーになってくれたらいいなと思っています。


全ての世界百景、明日も、元気出して行きましょう!!
[PR]
by mtdelicious | 2007-04-12 01:38 | ラブリーレイナ
という事で、
様々な出来事も大分頭から薄らいできた
ところですが・・・、


21時頃、みんなが青い顔をして休憩していたら、
(栃原大魔人をはじめ、皆スタジオにこもり切りで
レコーディングしてるのでこういう瞬間が度々ある。)
マネージャーがいつもより遅くやってきた。

「あ・・・・・ケーキだ。」
暖房の上に腰掛けて煙草を吸ってた自分は、
マネージャーが手に持つそれを見て、目を輝かした。

「誰が誕生日?」と自分はまわりを見渡した。
克巳は夏
栃原大魔人はふゆ。
そうだ、シャケが先月か。

マネージャーみさこは、いつもメンバーの誕生日
がある度に、予期せず誕生会を開いてくれる。

私の時には果物の爽やかなケーキだった。
こんどは何ケーキかな・・・・・(´∀`)


ケーキの時間になるまでの数時間の事は覚えていない。
とにかく、ハコから出て来たそれは、いちごのでっかいショートケーキだった!!

そしてくすだまとクラッカー。
自分はハッピーバースデイピアノ伴奏担当。

シャケがろうそくを消し、
クス球が割られた。〔おめでとう〕の字がぱらりと出てきて、
なんだか、うお~誕生日!!という感じだった。
c0082573_20105479.jpg

自分はケーキを切りわけようとして、ふと聞いた。
「あれ?これ、ろうそく何本?いくつになったの?」
あー、今更そこだ?
という顔でシャケは、
「47。」
と言った。

へー・・・・・・・(・_・)

自分は一瞬ケーキの切り分けから思考がそれて、
この隣人をぽつねんと眺めた。

さんじゅう・・・・、さんじゅうろくくらいには見えるわね・・・・。

まあ、波平さんが40代は厳しすぎる点があると思いますよ。
でも、普通、40代後半て、もっと違わないかね?

いやーミュージシャンて怖いわね。
やっぱ魔界の人は違うわ。年取らない。


いちごのケーキは、中のクリームまでいちごの味。
そしていちごがいっぱい詰まってた!!

ちなみに、現場には滅多に顔を出さないデスクスタッフその1さんも
お誕生日が先月でした。ハッピーバースデー!!

みんなそれぞれが、いい年になるといいね!^^/
c0082573_20111476.jpg

[PR]
by mtdelicious | 2007-04-09 20:13 | ラブリーレイナ

仮音!!?

初めてレコーディングしてから27年もたってるけど、仮音なんて言葉聞いたことないぞ。 仮歌の間違いじゃないか? それともジャズ用語なのか?
shake
[PR]
by mtdelicious | 2007-04-08 22:11 | shake
さて

山梨から帰ってきました。
何しに行ってたか。
それは。
レコーディングですよ、おくさん。

なんか、5日だか何だかに、スタジオに、サウンドデザイナーという雑誌
の方々が取材に来られ、スタジオ内の全貌をありありと写しておられたので、
発売されたらそれを見てもらえるとよくわかりますが、
(あ、余談ですが、これは広角レンズを使用としており、
ホントマジで、天井までバッチリ隅から隅まで刻銘に写っててびっくりした。)

このスタジオは、レコスタとしてもともと出来てるから、
普段使ってないけど、隣にはガラス張りの卓用ブースもついている。

間取りは

  ――――――――――――――――――――――――
  |                     |             |
  |     MAIN BOOTH      |     g.       | 
  |                     | SUB BOOTH    |
  |                     |             |
  |   dr. b.   PA         |             |
  |                     |______    |      
  |                     ┃        ━━━|
  |                     ┃entrance  vo.  |
  |_______________┃_____  key |
                                  ━━━    
太線:扉

   というふうになっている。

 で。
スタジオに入ったら、全ての部屋がブース化している。
つまり玄関でさえ。
仮音段階では、先録の必要があるリズムセクションの音をメインに録るから、
他の音が混ざらないようにこういった仕掛けが必要なのです。

そりゃわかる。

でも。自分完全孤立。〔シャケはアンプのみ右ブース内で鳴るようにしてあり、
本人はメイン内にいる。音はちゃんと全員のモニター(ヘッドホン)に返っている。〕

「ト・・・・・・トークバックください(汗。」

今回むり~。

と叫ぶ声がかすかにメインブースから聞こえる。

通常は、トークバックというシステムがついていて、こっちのブースにも
ヘッドフォンや天井から向こうの声が聞こえるようになってるが、
今回はチャンネルをフルに使ってて無理らしい。

自分がマイクに向かって「ばんめしまだ?」とか聞くと、
それは、自分自身も含める全員のヘッドフォンに聞こえる。
が。向こうの声は聞こえない。シーンとしてる。

これ。この状態。

始め、自分は孤立をさみしく思っていた。
しかし、結局仮音だから、気を張ってもしょうがない。
むしろ演奏中なのにメンバーの目が届かないというこの自由さ。
何をしていようがわからない。

それで、本番宜しくの声がかからないときは、
自分はこの小部屋内で自由につめを切ったり、歯に挟まったアーモンドの
皮を取ったり、このブース内の写真を色々と撮ったりしてあそんだ。

下図参照
c0082573_274591.jpg


始めは少しむくれている図
c0082573_282762.jpg


それにしても。
克巳はホント・・・
どの曲も2テイクくらいで終わるから凄いっす。^^;

という事で、drとb、無事録音終了です。乙。

次回はこのレコーディング中にシャケ誕生会催される、の巻きです。

まだまだつづく・・・・・・

                               coming soooooon!!
[PR]
by mtdelicious | 2007-04-07 02:09 | ラブリーレイナ