マウントデリシャスの日記です。


by mtdelicious
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2006年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

いよいよ来月よりスタートします、アルバム発売怒濤のツアー「夜明けのドラゴン」に向けて、盛り上げるべくアルバムレビューを募集したりと様々な策を考えているにも関わらず、悲しいかなまだ1通もレビュー、届いておりません。

アルバムを聴いた感想でいいんですよ!そこからインスピレーションされてできた、絵やイラスト、詩なんかもいいですね。一言でもいいんです、送って頂けたらメンバー嬉しくて涙が出てしまいます。もし1通もこなかったら、悲しくて泣いてしまいます。

という事で、お待ちしております。

ツアーに向けて、品切れになっておりました「ドラT Olive&NavyのLサイズ」を追加発注する事になりました。
そこでついでと言っては何ですが、お問い合わせの多かった(?)シャケが着ているLime色」のドラTを発売する事になりました。(ライム地にブラウンプリントになります。)
こちらは都合により、数が少ないです。

c0082573_1420381.jpg


またこちらもお問い合わせの多かった子供用ドラTも検討しております。以前よりキッズサイズのTシャツ販売を考えてはいたのですが、サイズが難しくて迷っておりました。
すべての方のニーズにお答えできる訳ではございませんが、発注締切りが迫っている関係上、10/1までに「この何cmのTシャツが欲しい!」などメールを頂けたら、もしかしたら実現するかもしれません。

<shakeドラTLime販売予約方法>
10/1〜10/13まで一旦メールにて受付けます。この期間内の御予約で販売予定枚数を越えてしまった場合は、抽選とさせて頂きます。もし悲しいかな予定枚数を越えなかった場合は(笑)、その後も通常通り、通販及びライブ会場にて販売致します。

○メールの件名に「ドラTライム申込」と御記入下さい。
○本文に「お名前」「枚数」「サイズ」「通販 or ライブ会場購入」を御記入下さい。

こちらのTシャツは限定色になりますので、商品金額が「¥2、500」となります。通販で御購入の方は、別途送料手数料¥500がかかりますのでご了承下さい。

webmasterもしくはmtスタッフまでお送り下さい。

それではお待ちしております。

ちなみにシャケさんは明日、ドアーズにて「ネイチャートリップギターパフォーマンス」でギター1人でイベントに出演致します。
詳細はweb siteにて。

その1より
[PR]
by mtdelicious | 2006-09-28 14:18 | スタッフより

秋の夜話


今回は、BGMつきです。
本日のBGM
を今すぐクリック!


>(クリックして聴けない場合は、右クリック対象をファイルに保存、で聴く事が出来ます。)

準備はできましたか?



秋って、どうしてこんなに悲しいのかしら。窓から冷たくてキン
モクセイの香りを含んだ空気がはいってくるわね。
東京ゲームショウも終わるわね。冥王星も太陽系惑星の資格を
はく奪されてしまった。今まで仲間だと思っていたのに、急に今更
はねこにするなんて、冥王星の住民が聞いたらどう思うと思う?
地球の人って言うのは、そういうことをやりかねない人間だとゆう事
なのよ結局。今日も悲しいメールが2件きた。
一件は「なんだか心にぽっかりと穴が空いたようだ」という一文で、
もう1つは「一人ベース路上ライブをやってしまおうかと思う、
一曲目は大きなのっぽのふる時計で、つぎは枯葉なんかが丁度よい
だろう」というものよ。彼はメタルプレイヤーなのにね。秋の悲しみに、
みんながうちひしがれている。それというのもこうなのよ。秋は、
みんなが何かの終りを思い出すと思わないこと?昔経験したたく
さんの夏の終りの出来事を、このキンモクセイのにおいに乗せて、
一斉に思い出す訳よ。夏と一緒に終わってしまった、色んな出来事の
数々をね。夏の終りは、大掛かりなショウが多いでしょ、夏の余韻と共に
涼しくなって客足がいいからね。だからみんな夏の終りにむけて一年間
準備する、そして、秋口には全てが終わって涼やかな喪失感だけが残る
わけなのよ。外は虫の声が高まっているわ。ああ、悲しい。さみしい。
なんて残酷なのかしら秋って。

「しかしよくしゃべるな。」
いもうとの白い目でPCから振返った声で、ハ。と口をつぐんだ。

自分は布団にしっかりとはいって先程から植木に向かって話していた。
枕もとのデスクには、さっきから妹がきてPCでなにやらしていたのだった。

自分はしばらくだまっていた。

……それというのも、最近聞いている管野よう子の音楽もいけないのだと
思うの。それは、切ないアニソンベスト5にも挙げられている曲で、こいぬ
がいなくなったという内容なの、これがいけないっていうのもあるわね。
秋風を一段と感傷的にさせるわ。それにしてもあなた、国際天文学連合に
ついてどう思う?大昔に、化粧品のせんでんで、水、金、地、火・・・という風
にポスターとかにキャッチフレーズとして9惑星の並びを使って広告した
会社があったものよ。だいたい、教科書なんかであんな意味もない、
すいきんちかもくなんたらなんて覚えられるはずないじゃん、だから、
私たちの世代は、あの美しい化粧品の広告によってこれを覚えたものなの。
私はわりと冥王星について・・・。

「へえ。」
突然の妹の相づちに、自分はギクリ。として口をつぐんだ。


「冥海は・・・、軌道が、いれかわることもある・・・・・。」
と自分は妹に恐る恐る言った。
いもうとの目つきはいかにも、「てきとうに思いつくままに口を動かして
いるだけで、きさまは冥王星の進退には、実は大して無興味であろう」、
という意思をありありと映していた。

自分は話をサッときりかえた。そして、誰へともなく、一人会話は次から
次へと取り留めなく口先から話がつながる。いつの間にか、妹がたまに
相づちを打っては、会話はどんどん転がっていく。


しばらくして妹は言った。
「あれは、冥王星が格上げになった、という意味らしいよ、惑星の定義から
外れた、というだけの事みたいだよ。冥王星にとってはラッキーなんだよ。」

冥王星にとってはラッキーだった。
自分は天井をむいて頭の中でこの言葉を反芻した。

なんだか、なけてくるわ。
秋って、どうしてこんなに物悲しいのかしら。私は秋の夜話って、
こういうものなのね。と思うと、いつのまにかぬくぬくと眠ってしまった。
[PR]
by mtdelicious | 2006-09-25 23:37 | ラブリーレイナ
来月のツアーに向けて、気合いを入れる為に(誰の?)ちょっと企画を立ててみました。急遽です。

その名も
『Mt.デリシャス ファーストアルバム『夜明けのドラゴン』アルバムレビュー募集!』

何のひねりもありません。すみません、楽しいのが思い付きませんでした。

こちらに採用された方は、web siteに掲載され、Mt.デリシャス未発表テイクSpecial CD-Rをプレゼントします。

第1回締め切りはツアー開始前、10/11(水)当日消印有効

その後、ツアーのライブレポート募集、ツアー終了後に第2回アルバムレビュー募集を
行う予定です。

<応募方法>
●メールの場合
タイトル「夜明けのドラゴンレビュー」と書いて下さい。
本文の最初に「御名前」「住所」「web siteに掲載する際の御名前」を必ず記入の上、レビューをshakeさんのwebmasterもしくはmtスタッフまでお送り下さい。

●郵送の場合
下記私書箱まで、レビューをお送り下さい。
「御名前」「住所」「web siteに掲載する際の御名前」「連絡先(メールアドレスをお持ちの方は必ず明記してください)」を忘れずに!

401-0399 河口湖郵便局私書箱13号 WIZ「夜明けのドラゴンレビュー」係

沢山の御応募、メンバー&スタッフ楽しみに待っておりますので、よろしくお願い致します。

その1c0082573_23233044.jpg
[PR]
by mtdelicious | 2006-09-23 23:19 | スタッフより

説明しよう!

「リフラフ」とは。。。

『ロッキー・ホラー・ピクチャー・ショウ』をまずは観てみよう。
そうすれば、「リフラフ」=「三国さん」というのが分るであろう。

その昔、「深空」で初台TheDOORSでのライブ裏話。

シャケさんがライブ前のSE用のCDを持ってくるのを忘れました。慌てて車の中にあったCDの中から、「ロッキー・ホラー・ピクチャー・ショウ」のサントラをニヤニヤしながら持って来ました。

「リフラフ」と言って、笑っていました。

私はPAの方に「これでお願いします」と渡し、ライブの準備にかかりました。
映画のオープニング曲が流れ出し、結構あってるな〜と思っていたのですが、ある事に急に気がつきました。

そうこの次は、主人公のブラッドとジャネットのプロポーズシーンの曲。(ネタバレするので、これ以上は書きません)
とにかくこの曲で出るには、あまりにまず過ぎるという事で、慌ててPAまで走っていき「次の曲、1曲飛ばして下さい!!!」

間一髪間に合いました。

とにかくまだ『ロッキー・ホラー・ピクチャー・ショウ』を観ていない方は、まず観てみましょう。

バルタン星人、ブラックデビル、リフラフ。

どれが一番似ているでしょうか。11/22の初台TheDOORSのライブにゲストで登場する三国さんの見方が、一味違って見えると思うので、それまでに『ロッキー・ホラー・ピクチャー・ショウ』を観る事をお勧めします。

その1より
[PR]
by mtdelicious | 2006-09-20 10:35 | ラブリーレイナ

今日の富士山



台風一過で変な雲が出ました。なんか不思議な感じで思わず写真を撮りました。

これはあまりデリシャスではないけどMt.Fujiっていろんな顔があります。
c0082573_21172093.jpg


そうだ!テレタビーズとは…

説明しようっ!!!
BBC制作の幼児向けTV番組で、ティンキーウィンキー、ディクシー、ラーラ、ポーという4人(匹?)の赤ちゃん風宇宙人だか妖精だかが、タビーランド(だったかな?)という架空の草原で歌ったり踊ったり騒いだりするやつです。
日本で言うと…  え~っと…
ぐーチョコランタンかな?
時には問題が起こり、時には台風がやってきたり、時には動物がやってきたり
と、けっこう大変なんです(^^)

こっちのCATVで放映されているので僕もたまに観ますが、わりとおもしろいです。
キャラでは、一番年下のポーが好きです。いつもキックボードに乗って現れるんです。
知ってる人はわかると思いますが、あの着ぐるみでキックボードはツライだろ?な~んてTVに向かって突っ込みを入れてます(^^)

                                       sammy
[PR]
by mtdelicious | 2006-09-19 21:40 | sammy
おつかれやまでした。
最近ご無沙汰でした。

ヘリテージ、どこにスポットをあてて書いたらいいかわからん程
いっぱい書くことがありますが・・・・。

まずは。

私は、カレーを売ったり、劇場内をうろうろしたりして、
1日目はすごした。
野外ステージのPA卓の傍にジェンベがあったので、
素手でチューニングしたら、手の平の皮がむけた。

2日目は、カレー屋・・・。
ハ!!!!今!!!!今思い出してしまいました!!
2日目は、カレー屋をやらなくてよかったので、
と今書こうとしたんですが、いや。
いや、いやいや・・・・!!!
カレー屋の2日目のローテーション表も、確かもらってましたよ私!!
みんな、本当にごめん!忘れてた。ホントごめんm(_ _)m
一日目、ローテ通りに人が入れ替わらないと小言を言った人。
ハーイ。私です。
本当に、2日目カレー周辺だった人、ま、ま、まじ、ごめんなさい。
今度会ったら、何か罰ゲームやるので、許して下さいm(_ _)m
ホントスマソ~~~!!!!

気、気を取り直して、2日目の様子。
2日目は、カレー屋オフという勘違いから、
自分はずっと楽屋にいた。

しかし、時間がかなりある。5時50分の本番にあわせて、
ペース配分しなくては、と思い考える。
いつもとちょっと違う衣装に体を慣らすため先に着替えて、
3時から4時半ウォームアップ、
休憩して5時半から20分間直前アップ。
よし。
でも3時までまだまだある。

私は、待ってるうちに、緊張してきてしまった。
体も冷たく冷えてきた。
私はマイ毛布(いつもマネージャーに借りている)を持参し、
飄々と裏の野外でギターを弾いているしゃけおのところへてくてくと
歩いていった。
キャリアの長いドプロのところへ行けば、緊張を解きほぐす
魔法のような方法を知っているに違いない、という勝算を胸に抱いていた。
例えば「人」と手に書いて飲む、とか、こぶしを握って息を止め、
ゆっくりはく(ダンサーに限りこれは本当)などの昔から伝授されてきた方法だ。

「すごく緊張してきた。」
私は、何か教えてもらえるきっと、という忠犬のような心持で
しゃけおに話し掛けた。
すると、こう返ってきた。
「よくゆうよ。天才かよお。」
私は、激しく意表をつかれた。
一瞬思考が停止したが、え・・え??今、なんて?どういう意味かしら、
アラ、聞き間違いかしら??と思い、
てんさい?て、天才と言ったかしら・・・?と聞きなおした。
「そうだよ。天才。てんさい。」
彼はあくまでふてぶてしい。
私は意味を掴みきれなかった。
「て、天才は・・緊張するの?じゃあ、凡人は、緊張しないってこと・・??」
と聞いてみた。
彼は、「うん・・・・、まあ、するね・・・。」とつぶやくと、急に声を大きくして、
「待ち時間が昨日も今日もながいからだな!!!!?」
と同意を求めるような形で言った。

「うん・・・・・・・だね。」
これ以上、彼に何かたずねる事があるだろうか。
「なっ!!」
という彼の声に、私は、ゆるめにウォームアップを始めようと決意した。

私は、しばらくして着替えて少し体を動かすと、今日の衣装をしゃけおに
確認に行った。しゃけおはギターの弦を張り替えているところだった。
「これでいいかな?白とどっちにしようか実はまよってるの。」
「どっちも着なよ、」
そして、しゃけおは大声をあげた。
「あれえ!!!ほらおかしくなっちゃったじゃないか!これ、どっちにまわすの!」
「え・・・・」
「ギターの弦の張り方、わかんないんだよね!」

私は、驚きで絶句して棒立ちになった。
そして、目をしばたたかせて彼の挙動を見守った。
彼は、「あっ・・!・・・・・ぉ・・・・・。」
などと、意味を成さない小声をあげつつ、ぺグを右にまわしたり左にまわし
たりしている。
そして十円玉をおもむろにとりだすと、それでなにやらをまわそうとしたり、
「あー、ちがうよ~」「えっ、こっち・・・かな・・?」
などと、忙しそうにヘッド部分をいじくりまわしている。

ビイイーーーーーーーーーーーーーーン!!!!!!!!

弦が切れた。
「あああああ・・・・・・。ホラ、もう、どっちなんだぁこれは・・%&’"'
                     #$}*+`{>**PP・・・・(聞き取りづらい)」

私は精気が抜けていくのを感じた。
魔女は私じゃない・・この人が魔王なんだよ・・・。

私の心のつぶやきをよそに、しゃけおは「できたーーーー!!」と嬉しそうな声を
出して振り向いた。
私は彼の顔をしげしげ見た。
そして、やっと言葉がでた。
「弦張り替えたり・・、そういうの、好きじゃないんですか?楽器のメンテつーか・・。」
「きょうみない。」
・・・・!!!!
「エフェクターがどうとか、弦の張替えなんて、できたらやりたくないね。」
そういうの、た、楽しくないんですか?
「どうでもいい。ギター自身にはきょうみない。」

ひょ~~~~~え~~~~~~~。

同じ舞台上で前列に2人ならびながらも、私たちは天と地です。
私は手の皮がむけても楽器をさわりたいタイプ。
そしてこれに限らず、必ずと言っていいほど、何もかもが真反対です。
交わるところがない。
でも目指したい点に多少の共通項があるのかな、と
個人的には思ったりもします(?)

例えば彼はアメリカ経由で地球の裏側へ、私はアフリカ経由で地球の裏側へ、
同じポイント目指したって、全く違う道も経験も選択できるのだという、
こういう事に出くわす度に、不思議と無限感を感じます。

「かわってるね。」
これ以上、何か言う事があるだろうか。
とりあえず衣装は両方着よう。私は足早にしゃけおのいる楽屋を立ち去った。

ヘリテージ、行ったことない人は行ってみたほうが得ですよ。
ホール感覚のライブを、リラックスして観れるんです。
段差が大きくて観やすくて、しかも座るところがめちゃ広い!
しかも2日間で1000円。
あきたら外でうろうろします。そして、カレーやうどんをたべて、
フリマを物色して「やすくなんない?」といってみたり、
おもちゃ作りに参加したりします。
そして、またホールに戻ります。
1バンド短いので基本的には飽きませんが、
またつかれた、と思ったら、ビールとネギマの塩を買ってきます。
それを食べながら空に近い上のほうの客席を選び、誰にもじゃまされずに
少し遠目の音でライブを眺めます。
ねころんでも大丈夫。

劇場の中から見上げるまるい空は、だんだん色が変わって、
風のにおいも変わってくる。
だんだん星がでてきて、プラネタリウムを見てるみたい。
うーん。この劇場は、真夏の夜の夢がちょうどいい。


そして、次の日は海へ!
しゃけおがそば茶を買って車で飲んでいたので、
「そんなの飲んでる。それ、ベビースターラーメン水に溶かしたような味だよね。」
といった。
すると、
「うるせーな!もう浮き袋かさない!」
うき袋って?浮き輪の事かな。
「・・じゃ、統計を取りましょうよ。この味について。」
「うるさいな!うき袋貸さない!絶対かさない!!」
ああそう?いいわよべつに。
「貸さない貸さない!絶対貸さない!!」

ふふふ・・・うきぶくろを?
うきぶくろってなんなのよ。  とは口に出さず、「へえ、あっそう。」

スッタフさんもメンバーもベビースターラーメンだと思ってます~だ。(p.-)べー

克巳、その2の名コンビはすごい。
2人は舞監さん(注:前スレ参照)をやってたので、へとへとなはず。でも。
私としゃけおは車後列に座ってくだらない話を展開し、つかれたらぐうぐう寝て
ひたすら運ばれていたが、前列の2人は、カーと言えばツーという手際と、
驚異のフットワーク力で物事を進めていった。

「このパワーには、宇宙を感じる・・・・。」
珍しく、意見が一致いたしましたね。しゃけおさまと。


夏もおわりますねえ。今日も寒くて、私は長袖になりました。
でも、夏の終りに海に行けて良かった。
皆様、本当にお疲れ様でした。

また、来年も会いましょう。

ラブリ
[PR]
by mtdelicious | 2006-09-14 22:22 | メンバーより

HERITAGEにありがとう

HERITAGE MUSIC LIVEに遠くから、また近くから御来場頂きありがとうございます。           

また、ブログなどで“よかったよ”などの感想を見るたびスタッフ その2もMt.デリシャス、HERITAGEスタッフも嬉しく思います。

このHERITAGEはチャリティーコンサートで出演者とボランティアで運営しています。その趣旨をシャケさんやレイナ姫など理解してくれ、月一回ぐらいに行なう総会に参加してくれ、HERITAGE SONGを作曲してくれ、ポスター貼りを手伝ってくれ、当日はレイナ姫は朝からフードの仕込み、カレー販売、パーカッション参加までと普段では見れない面々が、いっぱいみれました。

一番いろいろな面々をもっていたのが克己さんですかね。
実行委員で一年間HERITAGE本体の準備。
舞台システム班長(舞台監督)としてステージで使用したドラム三台メンテナンス&チュウニング(ここ以外こんなドラム叩けません。)アンプやその他器材の準備、PA・照明・出演者との打ち合せ、一番力を入れていたのはどうすれば、どのバンドもいちばんいい状態で聞かせることが出来るか。でしょうか?(何回このセリフ聞いたことか)
そして出演者!(相変わらずパワフルでしたね。疲れは何処いったの?)と一番忙しかったかな。
でも、舞台袖に張りついているので、みなさんと交流できなかったのが、淋しいらしいです。

このように、HERITAGEは、メンバーを身近に感じられるライブなのではないかと思います。あと、その2に声をかけてくれた方々、いつもの事ながら汗だく&ゆっくりお話できなくてごめんなさい。

スタッフ その2より
[PR]
by mtdelicious | 2006-09-14 15:36 | スタッフより

HERITAGE MUSIC LIVE

ヘリテージに来てくれた皆様、遠い所を本当にありがとうございましたm(--)m
すっごく暑かったけど、気持ちよかったですね!
自分としてはMtデリシャスもヘリテージのセッションもすごくいいプレイができたと思っています。最後のバスガイドは残念ながら間に合いませんでしたが(急いで着替えて走って駆けつけたらスタッフ1に「もうバスでましたよ」と言われてしまいましたゴメン!)昼間たくさんの人に声をかけていただき、とても嬉しかったです。中には「シャケのオッカケ歴20年」なんて人もいてびっくりしました。
その1のレポートにもありましたが、姫はパーカッションのセッションにも飛び入りしてるし、カレー売ってるし、フリマをウロウロしてるし、そんなに喋ったらラブリー星人説が薄れるんじゃないかとハラハラしてました(笑)
LOVE LOVE愛してるのバンドの吉田健さんはその昔、”イカ天”の審査員だったので、僕が「おれ、イカ天出身です」と話したらビックリしてました(^^)
とにかく楽しい2日間でビールがおいしかったです!
ちなみに、ご家族でいらしてトーマスランドに行かれた方も結構いるでしょうねぇ…
僕はロックンロールダンカンが好きです!

                         sammy
[PR]
by mtdelicious | 2006-09-12 22:53 | sammy
いや〜、まだまだ興奮覚めやらぬまに、報告です。

『河口湖の夕方は寒い!』と言ったにも関わらず、近年稀にみる天気の良いヘリテージ。その甲斐あって、ガーデンでのライブやDJブースもいい感じ。9日にはラブリ姫もパーカションでガーデンライブに参加しているのを目撃。
子供広場も大盛り上がり!

そして我が、Mt.デリシャス、本年度No.1のステージではなかのではないだろうかと思う程の素晴らしいパフォーマンスでした。
スタッフその2はヘリテージ本体の舞監助手として、舞台袖から、その1は何故か本番10前にビデオカメラを回す事になりパニックになりつつもファンダー越しに見る、圧巻のパフォーマンスに2人とも涙を流さんばかりの感動でした。

やはりMt.デリシャス発祥の地・富士山でライブとあって、自然と一体化してしまったのでしょう。
ライブ様の不二子ちゃん、いやキャッツアイを想像させる衣装。ビックリしてカメラ落としそうになりましたよ!

とにかく『音楽で一つになろう』とのこのイベントの主旨を貫いた、観客を魅了するステージングではなかったのでしょうか。

こんなにスタッフが褒めてしまっていいのだろうか、とも思いますが、いっつもうるさく細かい事ばかり注意して、尻を叩いているのでたまにはいいでしょう。

この模様は何と、都合5台のビデオカメラを回して撮影しましたので、11月発売のDVDに収められる予定です。何が何でも収めたい。お願いします。私の右手はもう痛いです。(ステラシアターのステージがこれまた高い!)

急な撮影で倒れんばかりの体にムチを打ち、バスを予約されていた方々を汗だくのまま慌ただしく送りだし、しばし休憩するもすぐに、仲野茂氏率いる『ゲタカルビ』のステージを観に会場へもどる。Mt.デリシャスの後に観ると、どのバンドの曲も本当に短過ぎるように思います。だってMt.デリシャスの曲、平均10分。普通の曲の1/3ですよ。「お!これから」ってところで終わる感じ。
もう私たちの耳は犯されてますね。

そして最後には恒例のスタッフ&出演者総出演のテーマ曲「出会えたあなたにありがとう」(シャケ作曲)の演奏。
しかし!
その前に何と急遽、富士山の魅力に取り付かれやって来てしまった、あの知る人ぞ知る・「吉田健」氏がベースを持って登場し、シャケさんや克己さんたちと一緒に「Jumpin' Jack Flash」を演奏。そしてベースをsammyさんに戻しテーマ曲の大合唱。
その1は仕事が終わったのを良い事に、その2を舞台袖に残したまま、ステージ前で踊りまくり。そして力尽きた。

とにかく「とっても熱いステラシアター」でした。

写真とるのも忘れて走り回ったその1より
[PR]
by mtdelicious | 2006-09-10 23:29 | ラブリーレイナ
みなさんこんにちは。
さてさて、Mt.デリシャスの原点とも言える『ヘリテージミュージックライブ』が、明日、明後日2日間に渡って開催されます。

思えば、一昨年の『ヘリテージ』でPINK FLOYDのトリビュートバンドを結成してから、すべてが始まりました。昨年はショコラーズをゲストに迎えて、ひと味違った「ENIGMA」とかやりましたね。そして何故かMt.デリシャス(当時はholy mountain jam)の演奏が始まった途端に降り出した雨。そのお陰で?屋根の有るステージ前に避難するように集まって来た人々と一体となって、いい時間を過ごせたと思ってます。

今年はファーストアルバムを発表するにまで発展。今回も河口湖までの送迎バスを用意し、河口湖まで足を運んでくれる方々も徐々に増えつつあります。
気は早いですが、来年ももっともっと多くの人に、ステラシアターでの広い空間の中での『Mt.デリシャス』を堪能して頂きたいと思います。
(まだまだ今年の前売メール予約も受付けてますよ!)

さてそんな事より、重要な事は

河口湖の夕方はもう寒い!!!

という事で、皆様、防寒具の御用意をお忘れなく。
どれくらい寒いかは、個人差がありますが、数年前のヘリテージで天気があまり良く無かった事もありましたが、シャケさんが「指がかじかんで、ギター弾けるか不安だった」事もあるくらいです。
天気が良くても、夕方には一気に気温が下がります。御注意下さいね!

それではみなさんの御来場、心よりお待ち申し上げます!
(メンバーは9日も10日も会場にいるので、探して見て下さいね。)

その1より
[PR]
by mtdelicious | 2006-09-08 09:41 | Live情報