マウントデリシャスの日記です。


by mtdelicious
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

完全なるお祭りの終わり。

夕べはゆかい君のバースデーライヴだったので,AXでのHappy Birthdayのお返しとして、ノイジーなHappy Birthdayをプレゼントした。

夕べはキヨシと二人,ゲストという事で、不思議な気分だった。
登場の前にはカジノドライヴをやっていて,俺の歌う部分を誰かが歌っている。
ステージに上がれば、いつものアンプがあり,三国さんもいて、しかしドラムはジョーだ。

気楽だったせいか、レッドとはまた違う楽しさがあったり、客観的に場を感じる事が出来た。

だいぶ前に,やりたい曲ある?と聞かれたので,ロードハウスブルースをリクエストしておいた。
ジャムるには最適な、モリソンのシンプルなブルースロック。 
クールでいて熱い、良いオモチャだ。

ドアーズのカヴァーが出来るのはこんな時ぐらいだし、気楽にドス黒い事が出来て楽しかった。  


しかし、あらためてバラとワインの、あのおめでたい喜びの爆発は何なんだと思った。
ずいぶん遠くまで来た今となっては、自分が作ったというのが不思議に思える。
まさにダイヤモンドユカイという感じだ。

まだレッドがアマチュアの頃,ツアーから帰って,一晩で出来た曲が、何年たってもこんなに愛されて活躍しているとは。

あの頃の自分はかすかな記憶の中にしかいない。
ああいう曲を今は、作ろうと思わないし,思ったところで出来ないけど、俺の人生にもあの曲があって良かったと思う。

今日はお祭りの仕上げとして,ライヴCDとDVDのチェックをする。
明日からはまた、新たな魔界の始まり。



c0082573_1351492.jpg

外には道頓堀が見える。
難波ハッチの楽屋。
[PR]
by mtdelicious | 2009-03-17 01:59 | shake